MONKEY Vol.9  短篇小説のつくり方

<SWITCH WEB特典>
本誌未収録作品を柴田元幸が訳しおろした手書き原稿(5枚)
*特典は手書き原稿のコピーとなります。
または
和田誠さんイラストレーションの表紙ポストカード付き!


特集:短篇小説のつくり方

  柴田元幸責任編集による文芸誌「MONKEY」Vol.9は、短篇小説を特集!
  短篇の名手グレイス・ペイリーの作品、エッセイ、インタビューをすべて
  村上春樹さんが翻訳。
  また、短篇小説というジャンルをめぐる村上さんのインタビューも掲載。

2016年6月15日刊行予定

MONKEY Vol.9  短篇小説のつくり方

価格:

1,296円 (うち税 96円)

購入数:

WEB購入特典

在庫

購入

手書き原稿(コピー)

表紙ポストカード

特典なし

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

Cover artwork by Wada Makoto

*こちらは予約商品となります。/*こちらの商品は通常DM便での発送となります。
*住まいの地域によっては、商品の到着まで3〜4日程お時間をいただく場合がございます。
*6月12日頃の発送を予定しております。/*特典告知以前にご予約いただいた方には無条件で特典をお付けいたします。
*年間定期購読の方も特典をお付けいたします。/*特典はなくなり次第、終了とさせていただきます。

【SWITCH WEB限定特典】
本誌未収録作品を柴田元幸が訳しおろした手書き原稿(5枚)
『夢の家(アイルランドの民話)』 訳:柴田元幸

*特典は手書き原稿のコピーとなります。
*こちらはイメージ画像になります。


CONTENTS

特集
短篇小説のつくり方

グレイス・ペイリー
訳−村上春樹 写真−川内倫子

短篇 死せる言語で夢を見るもの
短篇 不安 
短篇 庭の中で
短篇 この国で、しかし別の言語で、私の叔母は、みんなが薦める男たちと結婚することを拒否する
短篇 これは玩具考案者である私の友人の、ジョージのお話
エッセイ 旅行しているとき
インタビュー 喉をクリアにすること ジョーン・リドフによるインタビュー(1981年)

村上春樹インタビュー 短篇小説のつくり方
聞き手 柴田元幸
絵−タダジュン

超短篇
捕虜−−マーシャ・リンクスに ムナ・ファドヒル 訳−柴田元幸
黒い羊 イタロ・カルヴィーノ 訳−柴田元幸
浴室と私たちの「海」 神慶太
無限のネズミ大学 メアリー・ルーフル 訳−藤井光
あの、すいません マシュー・シャープ 訳−柴田元幸
ナニャー 田辺青蛙
求めの高い男 ロベルト・ヴァルザー 訳−大宮勘一郎
迷路 ジョイス・キャロル・オーツ 訳−柴田元幸
和解の時 ポール・ベックマン 訳−柴田元幸
32:PM/34:PM/AM:93 アメリア・グレイ 訳−松田青子
模倣者たち J・ロバート・レノン 訳−柴田元幸
プライベート・ツアー バリー・ユアグロー 訳−柴田元幸
靴紐に送る惜別の辞 アイザック・バシェヴィス・シンガー 訳−柴田元幸

猿からの質問
いままで読んだすべての短篇のなかで、一本だけ自分が書いたことにできるとしたら、どれを選びますか?
荒井裕樹/是枝裕和/青木淳悟/円城塔/リン・ディン/エイミー・ベンダー/いしいしんじ

小説がうまれるところ
岸本佐知子 多摩川前半
片岡義男 多摩川後半

変奏と主題
文・絵−きたむらさとし
訳−柴田元幸
詩−チャールズ・シミック

『このあたりの人たち』刊行記念
川上弘美インタビュー
流木で作ったテントは、明日飛んでもいい
聞き手 柴崎友香 写真−川内倫子

このあたりの人たち
川上弘美 目薬
写真―野口里佳

宮澤賢治リミックス
古川日出男 風の又三郎たち
絵―秋山花

死ぬまでに行きたい海
岸本佐知子 YRP野比

工藤直子+松本大洋
猫が海へ


関連商品

在庫   ○

村上春樹『職業としての小説家』

1,944円(うち税 144円)
村上春樹がはじめて本格的に、自身の小説の現場と、それを支える文学への、世界への考えをめぐって語り尽くした、読者待望の一冊。世界的に高い知名度を誇りながら、これまで多く神秘のヴェールに包まれてきた<作家・村上春樹>のなりたちを、全12章のバラエティ豊かな構成で、自伝的な挿話も存分に盛り込みつつ、味わい深いユーモアとともに解き明かしていく

MONKEY Vol.7 古典復活

1,296円(うち税 96円)
村上春樹と柴田元幸の古典小説をめぐる対談、二人の「 復刊して欲しい翻訳小説リスト100」を掲載!また『職業としての小説家』の刊行を記念して、作家の川上未映子による村上春樹のロングインタビューを掲載!

MONKEY Vol.8 2016年の文学

1,080円(うち税 80円)
東京国際文芸フェスティバルを通して、現代の世界文学を特集!作家・小川洋子さんが長年大切に読んできた海外文学をめぐるスペシャルインタビューも収録!

MONKEY Vol.6 音楽の聞こえる話

1,080円(うち税 80円)
「MONKEY」Vol.6は、「音楽の聞こえる話」を特集!小川洋子、柴崎友香、小山田浩子、穂村弘、松田青子ら、今、もっとも読みたい作家11名が「音楽」をテーマに短編や短歌を執筆。さらに国内外のアーティスト11名が各作品にヴィジュアルを提供!中でも注目は、小沢健二 × 松本大洋による16年ぶりのコラボレーション!
在庫   ×

MONKEY Vol.5 死者の歌――イギリス・アイルランドの物語

1,080円(うち税 80円)
「MONKEY」Vol.5は、イギリスとアイルランドの新旧の傑作小説を集めた特集です。ジョイスの「死者たち」、ウルフの「幽霊屋敷」、ディケンズの「眉に唾をつけて読むべき話」など、誰もが認める傑作から、読み逃していた名短篇まで、厳選された8作を収録!
在庫   ○

MONKEY Vol.4 ジャック・ロンドン 新たに

1,296円(うち税 96円)
「MONKEY」Vol.4は、アメリカを代表する作家「ジャック・ロンドン」の特集です。ロンドンが若い頃に極寒のクロンダイク地方で越境した経験をもとに書いた傑作小説「野生の呼び声」(250枚)を柴田元幸の新訳で一挙掲載。村上春樹の短篇が原作の漫画「かえるくん、東京を救う」も掲載。
在庫   ×

MONKEY Vol.3 こわい絵本

1,080円(うち税 80円)
柴田元幸が絵本の世界に踏み出す。人気作家の小川洋子やブライアン・エヴンソンなど、柴田元幸が敬愛する作家とアーティストのコラボレーションが実現。また、歌人・穂村弘と柴田がセレクトするとっておきの「こわい絵本」をめぐる対談も掲載。
在庫   ○

MONKEY Vol.2 猿の一ダース

1,296円(うち税 96円)
柴田元幸がいま最も読みたい、訳したいと思う作家11名の作品を一挙掲載!
ブライアン・エヴンソン/神慶太/ケリー・リンク/マシュー・シャープ/川上未映子/ラッセル・エドソン/村上春樹/スティーヴン・ミルハウザー/J・ロバート・レノン/ J・ロバート・レノン/小野正嗣/アグネス・オーエンズ
在庫   ×

MONKEY Vol.1 青春のポール・オースター

1,028円(うち税 76円)
創刊号では、柴田元幸が20年以上にわたり翻訳を続ける小説家ポール・オースターを特集。彼が小説家になる前、1960年代に書いた未発表作品を掲載し、小説家の生成を目撃します。新しい文学に出会い、都市を旅し、物語を書く。「MONKEY」は文学を通して、今私たちがいる世界の魅力を伝えます。