絵本『旅のネコと神社のクスノキ』

被服支廠には枯れ草があった。それだけでも嬉しい
—— 作 池澤夏樹

この建物は生きている
—— 絵 黒田征太郎


現存する被爆建物「旧広島陸軍被服支廠」をテーマに、日本を代表する作家の池澤夏樹と黒田征太郎が言葉と絵と木工作品を交えた新しい絵本を作りました。主人公のネコとクスノキの対話を通して、戦争、平和、そしていのちとは何かを読者へと問いかけます。

【あらすじ】1945年7月、煉瓦造りの大きな建物を見つけたネコは神社のクスノキに尋ねます。「あれはなに? あの大きな建物」「りくぐんひふくししょー」。兵隊の服を作り、穴が空いた服を繕い、再び兵隊へと着せる。なぜ穴が空いているの? 人も草木のように生えてくるの? そんなネコの疑問に答えながら、クスノキは人間がやがて引き起こすだろう凄惨な未来を予見して怯えます。そして、同年の9月。再会したネコとクスノキが、互いが目にした2カ月間の様子を語らいます。
*池澤夏樹による解説「ヒストリー陸軍被服支廠」収録






ISBN:9784884185923
2022年8月1日刊行

絵本『旅のネコと神社のクスノキ』

価格:

1,870円 (うち税 170円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

*こちらの商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3~4日程お時間をいただく場合がございます。



関連商品

在庫   ○
購入数

Coyote No.77 特集 絵本のなかの「せんそう」(仮)

1,320円(うち税 120円)
商品を見る

Coyote No.76 特集 沖縄の夢

1,320円(うち税 120円)
今年5月15日に本土復帰50周年を迎える沖縄を大特集。今号では沖縄の人たちの暮らしに焦点を当て、沖縄が誇る伝統工芸「芭蕉布」をはじめとする衣・食・住の視点から改めて沖縄の魅力に迫りました。<br>スイッチオンラインストア特典:五十嵐大介イラストレーションポストカード

ページトップへ