MONKEY Vol.3 こわい絵本

柴田元幸が絵本の世界に踏み出す

人気作家の小川洋子やブライアン・エヴンソンなど、柴田元幸が敬愛する作家とアーティストのコラボレーションが実現。また、歌人・穂村弘と柴田がセレクトするとっておきの「こわい絵本」をめぐる対談も掲載。

2014年6月15日発行

MONKEY Vol.3 こわい絵本

価格:

1,080円 (うち税 80円)

購入数:

在庫

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら


●猿のあいさつ
●GHOST GOES IN THE DOOR 絵–ジョン・クラッセン
●まぶたのある生きものは 文-小川洋子 絵-ジョン・クラッセン
●ジョン・クラッセン インタビュー 読者を信頼する職人
●はじめての舞踏会 文-リオノーラ・キャリントン 絵-きたむらさとし
●本と女の子 文-ブライアン・エヴンソン 絵-タダジュン
●白鯨 文-ハーマン・メルヴィル 絵-マット・キッシュ
●幽霊譚のためのエンディング 文-I・A・アイルランド 絵-山村浩二
●対談 穂村弘+柴田元幸「怖い絵本はよい絵本」

...................................................................................
●柴田元幸 (ひとまずの)最終講義
 二十一世紀のアメリカ小説
●猿からの質問
門馬太喜/平田俊子/浜田真理子/内田樹/
岩松了/松家仁之/東直子/首藤康之/
マシュー・シャープ/レベッカ・ブラウン/
スティーヴ・エリクソン/レアード・ハント

●デイヴィッド・ピース 龍之介のあと、龍之介のまえ
●San Francisco--We are all in this together
City Lights Bookstore-ブックバイヤー・ポール・ヤマザキに聞く
5Books-柴田元幸がシティライツで買った本
Zyzzyva-サンフランシスコ発文芸誌を訪ねる
●ジョン・フリーマン 英語圏最大の文芸誌はいかにして作られるか
 -『グランタ』元編集長に話を聞く
●ジョン・フリーマン 小説家を読むには
-シリ・ハストヴェットとポール・オースター

●対談 きたむらさとし×柴田元幸 グスタフ・ヴァーピーク 『さかさま世界』とフランク・キング
『ガソリン・アレーのウォルトとスキージクス』

【連載】
●川上弘美 「野球ゲーム」
●古川日出男 詩篇「春と修羅」
●岸本佐知子 「バリ島」
●村上春樹 「オリジナリティーについて」

●猿の仕事

スティーヴ・エリクソン
ガブリエル・ガルシア=マルケスのための
ーそして我々みんなのためのー歌

MONKEYのFacebookページ始めました

関連商品

MONKEY 年間定期購読 1年間(3冊)

通常価格(1296円×3冊): 3,888円(税込)
2,980円(うち税 221円)
柴田元幸責任編集の文芸誌「MONKEY」を毎号あなたのお手元にお届けします。
ご自宅はもちろん、オフィスやショップに毎号発売日(2月15日、6月15日、10月15日)にはお届けしますので、買い逃す心配もなく安心です。しかも送料無料!
特別価格\2,980/通常価格より<23%OFF>

MONKEY 年間定期購読 2年間(6冊)

通常価格(1296円×6冊): 7,776円(税込)
5,800円(うち税 430円)
柴田元幸責任編集の文芸誌「MONKEY」を毎号あなたのお手元にお届けします。
ご自宅はもちろん、オフィスやショップに毎号発売日(2月15日、6月15日、10月15日)にはお届けしますので、買い逃す心配もなく安心です。送料も無料!
特別価格5,800円/通常価格より<25%OFF>
*2年間の定期購読特典*松本大洋さんのイラストが表紙のMONKEYオリジナルノート付き!

MONKEY vol.10 映画を夢みて

1,296円(うち税 96円)
映画と文学が交叉する場所をいろいろ思い出しながら、今号が出来上がりましたーー柴田元幸/ポール・オースターが心打たれた映画とは?カズオ・イシグロが新進作家だった頃に書いたシナリオとは?西川美和さんが初めて映画監督を主人公に書いた短篇と、スペシャルインタビューも掲載!

MONKEY Vol.9  短篇小説のつくり方

1,296円(うち税 96円)
柴田元幸責任編集による文芸誌「MONKEY」Vol.9は、短篇小説の特集です。短篇の名手グレイス・ペイリーの作品、エッセイ、インタビューをすべて村上春樹が翻訳。また、短篇小説というジャンルをめぐる村上春樹のインタビューも掲載。

MONKEY Vol.8 2016年の文学

1,080円(うち税 80円)
東京国際文芸フェスティバルを通して、現代の世界文学を特集!作家・小川洋子さんが長年大切に読んできた海外文学をめぐるスペシャルインタビューも収録!

MONKEY Vol.7 古典復活

1,296円(うち税 96円)
村上春樹と柴田元幸の古典小説をめぐる対談、二人の「 復刊して欲しい翻訳小説リスト100」を掲載!また『職業としての小説家』の刊行を記念して、作家の川上未映子による村上春樹のロングインタビューを掲載!

MONKEY Vol.6 音楽の聞こえる話

1,080円(うち税 80円)
「MONKEY」Vol.6は、「音楽の聞こえる話」を特集!小川洋子、柴崎友香、小山田浩子、穂村弘、松田青子ら、今、もっとも読みたい作家11名が「音楽」をテーマに短編や短歌を執筆。さらに国内外のアーティスト11名が各作品にヴィジュアルを提供!中でも注目は、小沢健二 × 松本大洋による16年ぶりのコラボレーション!
在庫   ○

MONKEY Vol.4 ジャック・ロンドン 新たに

1,296円(うち税 96円)
「MONKEY」Vol.4は、アメリカを代表する作家「ジャック・ロンドン」の特集です。ロンドンが若い頃に極寒のクロンダイク地方で越境した経験をもとに書いた傑作小説「野生の呼び声」(250枚)を柴田元幸の新訳で一挙掲載。村上春樹の短篇が原作の漫画「かえるくん、東京を救う」も掲載。
在庫   ○

MONKEY Vol.2 猿の一ダース

1,296円(うち税 96円)
柴田元幸がいま最も読みたい、訳したいと思う作家11名の作品を一挙掲載!
ブライアン・エヴンソン/神慶太/ケリー・リンク/マシュー・シャープ/川上未映子/ラッセル・エドソン/村上春樹/スティーヴン・ミルハウザー/J・ロバート・レノン/ J・ロバート・レノン/小野正嗣/アグネス・オーエンズ