【好評発売中】SWITCH 30th Anniversary JEAN DIADEM × STAG WATCH


SWITCHの創刊30周年を記念してコラボウォッチを作ろうと思った時、まず最初に頭に浮かんだのが俳優・浅野忠信だった。この30年の中で幾度となく表紙を飾った男。ある時はウォン・カーウァイ監督によるショートムービーのワンシーンで、ある時は返還に沸く香港の地下鉄駅で、ある時はバンコクのホテルのバスタブの中で……。SWITCHと共に時代を歩んで来たといっても過言ではないだろう。
彼はまた、ファッション・アイコンとしても強い個性を持ち、ファッション・ブランドJEAN DIADEMを展開している。
そこで、今回はSWITCH、JEAN DIADEM、そして腕時計ブランドのSTAGによる3者コラボということでスタートした。
浅野に打診するとすぐに快諾。時計に関する思い入れが強いこともわかった。

INTERVIEW ASANO TADANOBU
PHOTOGRAPHY:ISOBE AKIKO TEXT:SWITCH

 時計に関しては、ずっと探していたんです。昔観たある写真集に男性が写っていて、何てことない白のシャツに黒のズボンを穿いてアトリエみたいなところに立っている写真なんですけど、その人がとてもシンプルな時計を着けていたんですよ。これはカッコいいなと思いました。そんな時計が欲しくて、いろいろ探したんですけど、見つけられませんでした。最近の時計ってサイズが大きいんです。小さいサイズの男物ってあまりなくて、さんざん探して似ているものを買ったのですが、それでも似ているだけで、僕の理想とは違いました。


俳優らしいファッションとは?


 JEAN DIADEMを立ち上げた時はジーパンを作りたかったんです。母が古着屋をやっていたことが影響していると思うのですが、自分が欲しいジーパンを作ったのが始まりでした。
 その後、俳優らしいファッションって何だろうとずっと考えていた時期がありました。そこで頭に浮かんだのが映画『理由なき反抗』。ジェームズ・ディーンが赤いドリズラージャケットにジーパンを穿いている。高倉健さんもスイングトップにジーパンを穿いていた。それでこの組み合わせって俳優っぽいのかなって勝手に思うようになって、じゃあ俳優らしい時計とはどういうものだろうって。
 そうやって考えた時計がこれです。このモデルならオールマイティに行ける。スーツにもカジュアルにも似合うし、その日の服に合わせて文字盤の色を選べるように黒と白を作りました。まさに理想的です。
 作っている途中に「やっぱり流行っているような時計を作った方がいいんじゃないか」と思ったこともありましたが、「いや、俳優のファッション。だから時計はこれ」というところに立ち返って完成させました。


エイジングを受け入れる


 時計バンドは革製にしました。ジーパンって穿いて行くと味が出て来るじゃないですか。一年間穿いて洗ってみたらこうなった、っていう。それと同じようにこの時計のバンドもどうやって成長していくのかなって、とても気になっています。アンチじゃなくてアグリーエイジングですね。
 考えを重ねて行き着いたモデルなので、飽きないものになったと思います。長く着けてもらえたら嬉しいですね。



SWITCH 30th Anniversary JEAN DIADEM × STAG WATCH
ステンレスケース。日本製3針ムーブメント。カウチレザーバンド。
5気圧防水。サイズ:ケース35mm/バンド20mm。
各色26,000円(税別)
SWITCH WEB(http://www.switch-store.net/SHOP/124876/list.html)で発売中。




Posted on 2015/3/20
TOPICS

ページトップへ