MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?


特集:翻訳は嫌い?


MONKEY vol.12では、あらためて「翻訳」をテーマとして取り上げ、翻訳とは、そして言葉とは何かを問いかけます。

翻訳家の柴田元幸による「日本翻訳」の講義録では、江戸時代の浄瑠璃からの発展を目指した明治時代の文学運動を徹底解説。
伊藤比呂美と柴田元幸による翻訳と創作をめぐる文学対談「あれは翻訳といえますか?」に加え、先の講演が記憶に新しい村上春樹と柴田元幸によるスペシャル対談も実現。
また、今年19年ぶり<の新作『流動体について』をリリースし話題となった小沢健二による「日本語と英語のあいだで」も注目コンテンツです。

2017年6月15日刊行

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

価格:

1,512円 (うち税 112円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

*こちらの商品は予約商品です。 *6月12日頃の発送を予定しております。 *こちらの商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3〜4日程お時間をいただく場合がございます。


MONKEY年間定期購読のご案内
文芸誌「MONKEY」を毎号あなたのお手元にお届けします。
ご自宅はもちろん、オフィスやショップに毎号発売日(2月15日、6月15日、10月15日)までにお届けしますので、買い逃す心配もなく安心です。送料も無料!
特典が付く号には無条件で特典をプレゼントいたします!!
■1年間購読はこちら
■2年間購読はこちら
*2年間購読ご契約のお客様には、特典としてMONKEYオリジナル松本大洋イラストノートをお付けします!

CONTENTS

「日本翻訳史 明治篇」
柴田元幸

「見えない都市」
イタロ・カルヴィーノ+マット・キッシュ

「あれは翻訳といえますか?」
伊藤比呂美+柴田元幸

「日本語と英語のあいだで」
小沢健二

スペシャル対談
村上春樹+柴田元幸

「ノルウェー語を学ぶ」
リディア・デイヴィス

and more!