COYOTE No.46 (ホンマタカシのたのしいポートレイト写真)

保存版!ホンマタカシによる写真特集

デジカメから写メまで、身のまわりには写真がいっぱい。子どもや恋人や友だちや家族など、とくに人物写真を撮る機会が増えています。でも、なかなか思うように撮れなくてがっかりすることもしばしば。いったい有名な写真家たちの撮り方とどこに違いがあるのでしょう。もしかしたら撮り方や写真の見方、選び方にコツや秘密があるのでは?そこでコヨーテでは、写真家のホンマタカシさんによる特別ワークショップを誌上で開講。「ポートレイト写真」について、さらには「もっともっとたのしい写真」について、ホンマさんと一緒にじっくりと考えてみましょう

2010年12月10日発行

COYOTE No.46 (ホンマタカシのたのしいポートレイト写真)

価格:

1,512円 (うち税 112円)

購入数:

在庫

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

Chapter
01 まずはボクの考える名作からお見せしよう
02 被写体はひとり、でも撮り方は無限だ! 佐々木正人
03 いい写真と悪い写真はどうやって決めるの? 佐内正史
04 デジカメ動画モードで「写真を撮る」だって!? 諏訪敦彦
05 ファッション・ポートレイトを撮ってみた ソニア・パーク&加瀬亮&阿部海太郎
06 実録!Five Minutesーー神様との対話 ロバート・フランク
07 山口百恵というイコンはいかにして生まれたか 篠山紀信
08 最愛の人を撮れば名作!とは限りません 植田正治&ラルティーグ
09 ツイてなけりゃポートレイトなんて撮れませんよ 荒木経惟
10 空間ポートレイトという発想 貝島桃代 & 塚本由晴(アトリエワン)
11 知らないことはみんな写真集が教えてくれた 黒田益朗
12 市川実日子 Chronicle Portraits
13 後ろ姿だからこそ伝わるものがある デヴィッド・シェルナー
14 「Portrait」と聞いてどんな小説を思い浮かべますか? ミランダ・ジュライ
15 写真を絵にしたり、絵を写真にしてみたり 塩川いづみ
16 こんなポートレイトをボクは撮ってきた
17 ネットを開けばアイデアは無限だ

ページトップへ