COYOTE No.39 (スペイン彷徨)

ピレネー山脈から大西洋まで900キロの道のりを西へ。サンティアゴの道を歩く

フランスからスペインのガリシア地方まで約1500キロ続く道がある。サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す巡礼の道だ。悠々と自然のなかに身を置き、未だ見ぬ聖地を目指して前へと進むとき、人は何を想うのだろう。千年以上前から人々を魅了してやまない巡礼の道を歩く

2009年10月10日発行

COYOTE No.39 (スペイン彷徨)

価格:

1,512円 (うち税 112円)

購入数:

在庫

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ story 柴田元幸翻訳叢書 アーネスト・ヘミングウェイ 第2回 「この世の首都」 __絵=信濃八太郎
■ document El Camino サンティアゴの道を歩く__文と写真=赤阪友昭
■ essay 歩くことが教えてくれる__イラストレーション=いしわためぐみ
■ column 途上で見つけたスペイン北部の暮らし ワイン醸造所/花と木と蝶/本屋/版画工房
 イラストレーション=朝倉めぐみ
■ From Galicia to the World of Garcia Marquez ガルシア=マルケスの迷宮へ
■ わずか二十年の孤独、さえも__古川日出男 写真=須貝智行
■ 対談:古川日出男 × 旦敬介 ガルシア=マルケス自伝『生きて、語り伝える』を読む
■ 『百年の孤独』を語る__池澤夏樹

<その他のラインナップ>
・フォトストーリー
 台湾 阿美族の豊年祭 若木信吾
・レクチャー&ストーリー
 柴田元幸の翻訳講座
 ブルーノ・シュルツ 七月の夜 訳=柴田元幸 絵=唐仁原教久
<新連載>
・ドキュメント
 エリザベス・サンダース・ホーム 東谷米子
第一回 浅い眠り 文と写真=新井敏記
・イラストエッセイ
 買って後悔?買わなきゃ後悔!!
 第1回 コブラのびっくり箱 文とイラストと写真=下田昌克
<連載>
・佐々木譲「旅行記を旅する」 第3回『バリ島紀行』
・大野陽子「古董道中」 第9回 江戸の携帯用筆記具
・坂口恭平「ハロー!ワークス」 第9回 完全無職Tさん
・ホンマタカシ Our Garden 第22回
・最初の一歩 第39回 青山拓央

ページトップへ