COYOTE No.38 (山郷の暮らし 夏、山人に聞いた)

この夏、山人に聞いた話。僕たちが忘れてしまわないうちに

朝の森は深い霧に包まれて静まりかえっている。聞こえるのは葉が擦れる音。鳥の声がしては消える。ゆっくりと霧が動いている。川に出ると鏡のような水面を風がすべり、ミルク色の世界の静寂を作る。奈良を形作った飛鳥大和の森から、信仰の厚い白山へ。日本を旅し原生の森を辿りながら、人々が長い時間をかけてその地に根ざした里の営みを知る。この夏、山の隠れた人生の意味を探す

2009年8月10日発行

COYOTE No.38 (山郷の暮らし 夏、山人に聞いた)

価格:

1,512円 (うち税 112円)

購入数:

在庫

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ 森の言葉 谷川俊太郎__写真=川内倫子
■ document 大きな栗の木の下で、熊と蛇と岩魚__文と写真=新井敏記
■ guide 祈りの里 河瀬直美が歩く奈良桜井__写真=若木信吾
■ private screening 河瀬直美 半径二キロの世界
■ 鶴田真由のさとやま草あわせ〜奈良・宇陀をゆく〜
■ 薬師寺のこころ 村上太胤の薬の話
■ 山の学校 白山麓僻村塾 思考の定点としての山村__文=池澤夏樹
■ symposium 自然のそばで生きる 池澤夏樹/辻原登/塩野米松/山口一男/湯川豊/司会=結城正美
■ column 会長と教頭、二人の仕掛人の話__文=湯川豊
■ Coyote Club 今森光彦 里山ワンダーランド
■ document クィ--ンシャーロットの森へ__文と写真=赤阪友昭

<その他のラインナップ>
・スペシャル
 川内倫子、皆既日食を撮る
・レクチャー
 是枝裕和 映画術 『空気人形』に寄せて 写真=瀧本幹也
・Atlas
<連載>
・佐々木譲「旅行記を旅する」 第2回『琥珀の道の旅人』
・大野陽子「古董道中」 第8回 江戸時代の方位計
・坂口恭平「ハロー!ワークス」 第8回 賄い夫佐藤さん
・ホンマタカシ Our Garden 第21回
・柴田元幸翻訳叢書[EXPLORING OLD LITERARY FOREST]
 アーネスト・ヘミングウェイ
 第1回 『清潔な、明かりの心地よい場所』 絵=早乙女道春
・最初の一歩 第38回 松井孝典

ページトップへ