アレン・ギンズバーグ『【新訳】吠える その他の詩』(訳・柴田元幸)


【新訳】吠える その他の詩

アレン・ギンズバーグ 訳 柴田元幸


カウンターカルチャーの発火点となった「吠える」をはじめ、「吠える 脚注」、「カリフォルニアのスーパーマーケット」など“その他の詩”を含む、1956年発表のオリジナル版HOWL AND OTHER POEMSを柴田元幸が完全新訳!!


「『吠える』は1957年まで、出版されなかった。サンフランシスコで裁判になった時、裁判長は文学的価値があるかどうかは批評家の考察にゆだねる、と言った。そんな観点がアメリカを支配していた」
―――アレン・ギンズバーグ(SWITCH 1992年 7月)



【コンテンツ】
『吠える』について――ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ
吠える/吠える 脚注/カリフォルニアのスーパーマーケット
オルガン曲を書き写す/ひまわりスートラ/アメリカ
グレイハウンドの荷物室で
初期詩選(アスフォルデ/うた/野生の孤児/リアルの背後で)


ISBN:978-4-88418-5381
2020年6月30日刊行



アレン・ギンズバーグ『【新訳】吠える その他の詩』(訳・柴田元幸)

価格:

1,650円 (うち税 150円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら



*こちらの商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3~4日程お時間をいただく場合がございます。
*特典をお付けする場合、特典情報解禁前にご予約頂いたお客様には無条件で特典をお付けします。

関連商品

在庫   ○
購入数

MONKEY vol.21 猿もうたえば

1,320円(うち税 120円)
文芸誌「MONKEY」21号目は「うた(詩・声・歌)」の特集。アメリカの近現代詩から、ロックやブルースの歌詞、アメリカ・インディアンの口承詩、日本の説話文学までを射程に、言葉にいかに生命が宿るのか、声にする/耳で聞く“うた”としての「詩」に焦点をあてる
商品を見る

SWITCH Vol.37 No.9 特集 LEVI’S(R) VINTAGE CLOTHING BEAT GOES ON

1,100円(うち税 100円)
「リーバイス®️ ジーンズ」とともに、今あらためて「ビート」とは何か考える。表紙巻頭に俳優・浅野忠信が登場。柴田元幸によるギンズバーグ訳し下ろしも。雑誌「SWITCH」が「LEVI’S®️」とつくるビートカルチャーのすべて。80ページ完全保存版!!
在庫   ○
購入数

COYOTE No.54 NEW YORK NEW BEAT GENERATION 週末ニューヨークへ

1,100円(うち税 100円)
ニューヨーカーたちの週末の旅先として、また近年はアーティストやクリエイターが移り住み、新しいアートスペースやレストラン、ライフスタイルが生まれる場所・ハドソンバレーを取材!また、マンハッタンのダウンタウンで、ジャック・ケルアックやアレン・ギンズバーグらが巻き起こした「ビート・ジェネレーション」の足跡を追った

ページトップへ