SWITCH Vol.38 No.11 特集 新・原宿百景(表紙巻頭:木村拓哉)

木村拓哉、この稀代の表現者は原宿という街に生きて長く時代を見つめてきた。今ここに写真家操上和美と明治神宮、原宿、表参道を舞台にフォトストーリーを展開する。常に変わり続けるこの街を舞台に、写真という一瞬の世界に二人の情熱が交錯する

小泉今日子 池田エライザ 市川染五郎 他



2020年10月20日発行


SWITCH Vol.38 No.11 特集 新・原宿百景(表紙巻頭:木村拓哉)

価格:

1,100円 (うち税 100円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

*商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3~4日程お時間をいただく場合がございます。


SWITCH年間定期購読のご案内
年間定期購読だと、こんなに"お得"です!
直近1年分の(12冊)の合計金額は12,760円(税込、1冊あたり1,063円)ですが、
約3冊無料!! 9,200円(税込、1冊あたり766円)でお届けします。
もちろん送料は無料。特別定価号があっても追加料金なし。
そして特典が付く号には無条件で特典をプレゼントいたします!!
詳細はこちら


【CONTENTS】


010 木村拓哉[時間旅行]写真・操上和美
写真家操上和美と明治神宮、原宿表参道を舞台にしたフォトストーリー。変わり続けるこの街を舞台に、写真という一瞬の世界に二人の情熱が交錯する




024 小泉今日子[原宿百景2020]
エッセイ「和田さんの今日子ちゃん」文・小泉今日子

変化を恐れず先に進む人、小泉今日子。街の片隅にかつての文化を残しながら、新陳代謝を繰り返してきた街に、ふたたび新しい気持ちで立つ




池田エライザ×市川染五郎[HARAJUKU SERENDIPITY]
1998年に初の都心型店舗として原宿にオープンしたUNIQLO。いつの時代も若者を魅了してきたUNIQLOの服を纏い、二人の表現者が原宿を巡る




明治神宮鎮座百年祭
鎮座百年の年を迎えた明治神宮。次なる百年に向けた展開は、すでに始まっている



HIKARU / HIDDY / VERDY [HARAJUKU TOY STORIES]
世代の異なる3人があらためて語る、パンクとおもちゃと原宿の深い繋がり



『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
花江夏樹×日野聡/平川大輔/LiSA

TVアニメシリーズ「鬼滅の刃」“竈門炭治郎 立志編”の続編として、原作でも人気の高いエピソードを濃密に丁寧に描き切った『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。本作にふたたび全力で挑んだキャスト達、そして引き続き主題歌を担当したLiSAがその到達点を語る


関連商品

商品を見る

SWITCH Vol.34 No.8 木村拓哉 アウトローへの道

990円(うち税 90円)
待望の木村拓哉のファッションストーリーを展開する。撮影は操上和美、スタイリングはすべて木村拓哉自身。それは現在の彼の息吹をもっとも直截に伝えている。木村拓哉は何を考え、そしてどこへ向かうのか。
操上和美/デヴィッド・ボウイ/鋤田正義/YEN TOWN BAND/尾崎世界観/ミツメ/YONCE/THE BAWDIES × go!go!vanillas/Björk/中条あやみ/柳英里紗
商品を見る

小泉今日子『黄色いマンション 黒い猫』

1,760円(うち税 160円)
2007年から2015年まで、雑誌「SWITCH」で約9年間続いた連載「原宿百景」。その連載において、小泉今日子が自身の半生を赤裸々に回想した自伝的エッセイ33編に加え、特別書き下ろし1篇を収録!
商品を見る

SWITCH Vol.34 No.4 小泉今日子 原宿プレイバック

990円(うち税 90円)
この9年間、小泉今日子は40代を通して原宿の街を歩き続けた。「原宿百景」というタイトルの小誌連載は、昨年末に文字どおり「100回」を数えて完結した。今年もう一度、50代を迎える小泉今日子と一緒にあらためて原宿を歩いた。懐かしいはずの街並は、まるで見知らぬ風景のようにも思えた
若木信吾/ほしよりこ/伊賀大介/華恵/茂木モニカ
小浪次郎/神藤剛/奥山由之/夏帆
商品を見る

SWITCH Vol.35 No.11 襲名前夜――松本金太郎

990円(うち税 90円)
来る2018年1月、八代目市川染五郎襲名をひかえた四代目松本金太郎こと藤間齋。12歳の少年にとってこの半年の緊張は果たして昂るものか震えるものか。さらに深く歌舞伎の世界を歩む一人の少年の美しい物語
在庫   ○
購入数

小泉今日子『原宿百景』

1,760円(うち税 160円)
つねに日本の文化の発信地でありつづけながら、路地裏には懐かしい街並が残っていたりする街・原宿。その街を小泉今日子とともに歩き、街の思い出に触れ、さまざまな人々に出逢いながら、彼女の記憶を辿る

ページトップへ