COYOTE No.58 安西水丸 おもしろ美術1年生


WEB特典:安西水丸さんの表紙イラストレーション ポストカード付き!

特集:安西水丸 おもしろ美術1年生

絵を描くほんとうのおもしろさってなんだろう?
安西水丸の教えからつくる美術の教科書!

巻頭書き下ろしエッセイ
村上春樹「水丸さんと最初に出会った頃」掲載!



2016年3月15日発行

COYOTE No.58 安西水丸 おもしろ美術1年生

価格:

1,296円 (うち税 96円)

購入数:

WEB特典

在庫

購入

ポストカード

×

特典なし

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

*こちらの商品は通常メール便での発送となります
*住まいの地域によっては、商品の到着まで3〜4日程お時間をいただく場合がございます。


子どもの頃から絵を描くことが大好きで、2014 年に急逝するまで第一線で描き続けたイラストレーター・安西水丸。
生前、水丸さんには「美術の教科書をつくる」という夢がありました。水丸さんが伝えたかった、絵を描くことのほんとうのおもしろさってなんだろう。
この春Coyoteは果たされなかった願いを受け継ぎ、誰よりも自由に絵を描き、自由に生きた水丸さんの教えを旅します。

第二部では、水丸さんの原風景としてくり返しイラストレーションにも描かれた故郷・千倉の原風景を旅します。絵ばかり描いていた幼少期からグラフィックデザイナーとして仕事を始めた無名時代まで、安西水丸がいかにして生成されたのかを辿ります。

急逝から2年を経て、今だからこそ語られる周囲の人々からの寄稿・インタビューも多数掲載!

Coyote No.58 CONTENTS

10
巻頭エッセイ
村上春樹
水丸さんと最初に出会った頃

特集
安西水丸 おもしろ美術一年生

20
Chapter 1 何を描けばいいの?
  
1 どんなものでも主役になる ― 目の前にあるものを描く
2 コレクションも仕事のうち ― 目の前にあるものを描く 2
3 背中はポートレイト ― 人物を描く
4 似ないことに誇りを持つ ― 人物を描く 2
5 絶景だけが風景じゃない ― 旅を描く
6 子どもの頃の視線を忘れない ― 記憶を描く
7 主人公の目で見る ― 映画を描く
8 部屋は人の内面そのもの ― 部屋を描く
9 すべては線から始まる ― 線を描く
10 偶然をひとつピックアップ ― 痕跡から見つける
11 人のフリみて ― それでも悩んだら

49
Chapter 2 どう描けばいいの? 実践編

1 描く前に読み込む ― 文学の装丁を描く「日本文学全集」 多田進
2 へそを見つける ― エッセイに絵を描く「この味」連載 平松洋子
3 言葉を浮かべてから絵を描く ― 漫画を描く「東京エレジー」
  4 何度も作る ― 絵本を描く「ピッキーとポッキー」シリーズ
5 水丸さんのすごさは、絵をなぞるとわかる ― オマージュして描く 南伸坊 黒田征太郎
6 もっと知りたい!水丸さんの教え ― 言葉を支えにして描く

72
essay
安西カオリ 父の教え

76
interview
ALL IN LINE 和田誠 安西水丸を語る
美術の教科書をつくること……はできない

84
幸福な無名時代

ある帰省者の記
文=渡辺昇

安西水丸『青の時代』
「荒れた海辺」

essay
嵐山光三郎
『青の時代』のころ

interview
南伸坊
物足りないけど、すごくいい

interview
荒木経惟
電通国際広告制作室渡辺昇

ここもすごいよ!『青の時代』装丁解剖

渡辺昇の標本箱

灯台 絵=岸田ますみ

130
出会い――安西水丸が愛した酒「〆張鶴」

138
THE NORTH FACE
自然を求めて
第3回 瀬戸内海国立公園 広島篇
文と写真=内野加奈子

146
travel writing
朝吹真理子
がっかりがっかり おくのほそ道 最終回 吉野
絵=原裕菜

152
水草物語 池田晶紀
第11回 水草水槽からはじまった自然への興味

154
最初の一歩 第58回
円城塔
水に揺られて
素描=しゅんしゅん

158
TRAVEL WITH GUITARS
ギターとともに旅に出る


関連商品

在庫   ×

MONKEY Vol.7 古典復活

1,296円(うち税 96円)
村上春樹と柴田元幸の古典小説をめぐる対談、二人の「 復刊して欲しい翻訳小説リスト100」を掲載!また『職業としての小説家』の刊行を記念して、作家の川上未映子による村上春樹のロングインタビューを掲載!
在庫   ○

村上春樹『職業としての小説家』

1,944円(うち税 144円)
村上春樹がはじめて本格的に、自身の小説の現場と、それを支える文学への、世界への考えをめぐって語り尽くした、読者待望の一冊。世界的に高い知名度を誇りながら、これまで多く神秘のヴェールに包まれてきた<作家・村上春樹>のなりたちを、全12章のバラエティ豊かな構成で、自伝的な挿話も存分に盛り込みつつ、味わい深いユーモアとともに解き明かしていく

ページトップへ