森山大道写真集『宇和島』

写真家・森山大道がカラー写真で切り取った愛媛県宇和島の人々・情景――。

写真家・森山大道は雑誌「Coyote」の創刊 2004 年に、
愛媛県の宇和島の町を旅した。
美術家・大竹伸朗を案内人に、町を歩き夢中で撮られた写真たち。
当時、雑誌に掲載されなかった多数の未発表写真に、再び光をあてる。
森山大道の写真集を多く手がけてきた町口覚を造本家として迎え、
『宇和島』の旅が一冊の写真集に。

B6変形 208ページ
2018年5月18日発行
ISBN 978-4-88418-460-5

森山大道写真集『宇和島』

価格:

2,160円 (うち税 160円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

*こちらの商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3〜4日程お時間をいただく場合がございます。

【Focus Point】
・Coyote創刊時に宇和島を旅した森山大道の未掲載写真を多数収録。全208ページ。

・現在絶版となっている創刊号に掲載された大竹伸朗の貴重なエッセイ
「メッタメタ大道講座――宇和島撮影同行記」を巻末に特別掲載。

・装丁は森山大道の写真集を数多く手がける町口覚。
新書サイズのB6変型にスリーブボックスを付けた豪華装丁、
さらに森山から実際に預かったサービス判のプリントを
実寸大で印刷(縦位置写真に限る)。

<プロフィール>
森山大道(もりやまだいどう)/1938 年大阪府下池田市生まれ。
フリーの商業デザイナー、写真家・岩宮武二のスタジオアシスタントを経て、1961 年、写真のセルフエージェンシー・VIVO 参加のため上京。VIVO 解散後、細江英 公の助手になる。1964 年よりフリーのカメラマンとして活動。1967 年、第 11回日本写真批評家協会新人賞受賞。代表作に『写真よさようなら』(写真評論 社,1972)、『狩人』(中央公論社,1972)『犬の記憶』(朝日新聞社,1984)、『サン・ルゥへの手紙』(河出書房新社,1990)などがある。


関連商品

商品を見る

Coyote No.64 特集:森山大道 写真のすべて

1,296円(うち税 96円)
「ぼくの日常、ぼくの写真は、街のなかをさまようこと」。
写真家・森山大道はコンパクトカメラ一台を手に、ある日新宿を徘徊しながら創作の秘密を呟いた。60年代半ばのデビュー以来、人波に揺れる通りから、人気のない裏路地まで、路上に刻まれた圧倒的な作品群。掴み取られた風景は死への渇望と生への儚さだった。彼の轍に写り込んだ光と影。
Coyote創刊から14年、再び森山大道を探すことから旅ははじまる。
商品を見る

SWITCH Vol.34 No.2 藤原新也 新東京漂流

972円(うち税 72円)
写真家、作家、画家、書家と様々な表現を駆使して、今を伝える藤原新也を特集する。
その視線の眼差しはたえず熱い。私たちはどこへ行くのか、私たちは何者か、という問いかけは、未来への予兆をかぎながら手探りで進む日本に灯台の光のような示唆に富む。
荒木経惟/森山大道/梅佳代/福田和香子/津田大介
指原莉乃/前田敦子/大島優子/安田顕/スガ シカオ

ページトップへ