操上和美写真集『April』

ロバート・フランクに捧ぐ――
ニューヨーク、ノヴァ・スコシア、そして富良野。
操上和美とロバート・フランク。二人のかけがえのない旅が
写真集『April』としてついに発売。


写真史に大きな足跡を遺し、
昨年9月9日にこの世を去った巨匠ロバート・フランク。
写真家・操上和美がフランクと邂逅し、
彼の姿をフィルムに収めたのは、
1992年ニューヨークのアトリエが最初だった。

二人はノヴァ・スコシアへと向かった。
次に操上はフランクを自身の故郷北海道の富良野への旅を誘った。
父親の墓参り、それは1994年4月のことだった。
翌1995年2月横浜でロバート・フランクの大規模な展覧会が開かれた。
その図録の年表には一行「1994年4月北海道」と記されていた。
北で過ごしたかけがえのない時間、フランクは操上に思いを捧げていた。

ニューヨーク、ノヴァ・スコシア、そして富良野。
二人の旅の道行きのすべてをここに。


アート・ディレクション:葛西薫


A4変形 152ページ
2020年4月10日発行


操上和美写真集『April』

価格:

3,520円 (うち税 320円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

関連商品

在庫   ○
購入数

SWITCH Vol.38 No.5 特集 追悼 ロバート・フランク[1924-2019]

1,100円(うち税 100円)
追悼 ロバート・フランク 1924 - 2019 20世紀に最も大きな影響を与えた写真家ロバート・フランクは、2019年9月9日、94歳で逝去した。スイスからの移民としてパーソナルな視点でアメリカ社会を捉えた写真集『The Americans』を1958年に出版し、その後の写真史の流れを変えるほどのインパクトを残したフランク。その歩みを、写真集『私の手の詩』(1972年)『花は…』(1987年)を日本で制作した邑元舎・元村和彦との関係性を軸に振り返る追悼特集

ページトップへ