HARUKI MURAKAMI 9 STORIES パン屋再襲撃


漫画で読む村上春樹シリーズ全9巻
6月刊行スタート!
『パン屋再襲撃』『シェエラザード』『かえるくん、東京を救う』…
あの名作短篇が、漫画として生まれ変わる。
世界に先駆けて、日本の読者に贈る、新しい村上ワールド。


HARUKI MURAKAMI 9 STORIES

パン屋再襲撃


原作:村上春樹
翻案:Jc ドゥヴニ
漫画:PMGL



2017年6月20日発売予定


HARUKI MURAKAMI 9 STORIES パン屋再襲撃

価格:

1,728円 (うち税 128円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

*こちらは予約商品となります。
*商品は通常DM便での発送となります。
*住まいの地域によっては、商品の到着まで3〜4日程お時間をいただく場合がございます。



HARUKI MURAKAMI 9 STORIES 定期購読のご案内
「HARUKI MURAKAMI 9 STORIES」を毎号あなたのお手元にお届けします。
定期購読だと、こんなに"お得”です! 全9巻分の合計金額は15,552円(税込、1冊あたり1,728円)ですが、
約6%OFF!! 14,580円(税込)でお届けします。
もちろん送料は無料。特別定価号があっても追加料金なし。
※2月、6月、10月の年3冊刊行

今ならオリジナルトートバッグをプレゼント!!


詳細はこちら

[著者プロフィール]
・村上春樹(原作)
1949年京都生まれ。作家、翻訳家。『騎士団長殺し』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』『女のいない男たち』『1Q84』など小説を多数発表。著書に『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』『ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集』『職業としての小説家』など。最近の訳書にジョン・ニコルズ『卵を産めない郭公』レイモンド・チャンドラー『プレイバック』がある。


・Jc ドゥヴニ Jc Deveney (翻案担当)
1977 年南フランス生まれ。リヨン在住。様々な出版社とコラボレーションを行ない、翻案を手がけた作品はイタリア、スペイン、アルゼンチンなどで翻訳されている。リヨン・バンドデシネ・フェスティバルでは国際的な共同創作プロジェクト「Webtrip comics」や展示の企画を手がける。漫画とイラストレーションの学校で翻案や演劇学を教えている。


・PMGL Pierre-Marie Grille-Liou (漫画担当)
1980 年フランス・リヨンのそばで生まれる。リヨンにあるグラフィックの学校を卒業後、雑誌や同人誌、オンラインマガジンなどで活動。ナンセンスコメディ、シュメール神話、ノワール、風刺漫画を好み、コミック・ストリップや短篇、長篇の漫画を発表。2016 年、バンドデシネ『Jojo, moniteur de ski』(B-gnet との共著)がLapin Éditions から刊行された。



ページトップへ