COYOTE No.54 NEW YORK NEW BEAT GENERATION 週末ニューヨークへ

ハドソンバレーからブルックリンまで
現代のビートニクスともいうべき、ニューヨーカーたちの週末を追う

2014年に創刊10年目を迎えたCoyoteが、今年最後に贈るのはニューヨーク特集です。
ニューヨーク州北部のハドソンバレーは、ニューヨーカーたちの週末の旅先として、また近年はアーティストやクリエイターが移り住み、新しいアートスペースやレストラン、ライフスタイルが生まれる場所として注目されています。都市を離れ自らの生き方を新たに打ち立てようとする若者たちは、1950年代に管理された社会と意識の抑圧を嫌い放浪の旅に出た、ビートニクスたちの末裔の姿かもしれません。現代のビートにクスともいうべきニューヨーカーの週末を取材しました。
マンハッタンのダウンタウンでは、ジャック・ケルアックやアレン・ギンズバーグらが巻き起こした「ビート・ジェネレーション」の足跡を探し、ニューヨークで映画を撮り続けている監督ジム・ジャームッシュやジョナス・メカスに、ニューヨークの今に息づくビートについて話を聞きました。
また、翻訳家の柴田元幸さんおすすめの書店や文芸誌の紹介やブルックリンガイドもあり、新たなニューヨークの魅力を紐解く最新号に、ご期待ください。

2014年12月15日発売

COYOTE No.54 NEW YORK NEW BEAT GENERATION 週末ニューヨークへ

価格:

1,100円 (うち税 100円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

NEW YORK NEW BEAT GENERATION
週末ニューヨークへ

photo story
14 From Williamsburg to…
Collin Hughes

ロビン西
20,52 Midnight Cowboy 2014 / Burroughs Ghost

22 Rurbanism in New York
ハドソン・バレーに暮らす。
文=今井栄一 写真=高木康行
絵=北村人

40 Searching for Beatific Soul, New York City
ニューヨーク、ビート・カルチャーを探して

44 Voice of an Anthropologist in Brooklyn
ジョナス・メカス 
後世への便り

50 Bob Dylan and New York

54 The Beats in New York Public Library
ビートの図書館へ行く

66 Downtown Beat Map

interview
72 Language Matters
ボブ・ホルマン

interview
74 Beyond Generation
ジム・ジャームッシュ
アーロン・ブルックナー


79 Where We Find Good Books.
文=柴田元幸

St. Mark’s Bookshop
オーナー、ボブ・コンタントに聞く
セントマークス書店で買った本3冊
A Public Space
編集長ブリジッド・ヒューズに聞く

86 Good Things Happening in Brooklyn

Mellow Pages 
新しい図書館のかたち

Proteus Gowanus 
アイデアが溢れ出すギャラリー


travel writing
8 タンジェにて、
ビートニクス気取り
戌井昭人


91 無責任編集 枝元なほみ 下田昌克
Pemmican #4 Tofu

travel writing
130 がっかりがっかり おくのほそ道 塩竈・松島
朝吹真理子


105 Walking with dansko

108 憧憬
リリー・フランキー
ウイスキーをめぐるアイラ島の旅

118 酔狂 黒田征太郎
懐かしい人 吉行淳之介の巻

122 TRAVEL WITH GUITARS
ギターとともに旅に出る

126 対談 中込健太×黒田征太郎
鼓童 野生の音を鳴らす喜び

128 水草物語 池田晶紀
第7回 シミュレーションネイチャー
142 最初の一歩 第54回 
文月悠光 日々を「割る」こと

 

関連商品

商品を見る

COYOTE 年間定期購読 1年間(3冊)

通常価格(1320円×3冊): 3,960円(税込)
3,100円(うち税 282円)
旅に暮らし、暮らしを旅するトラベルカルチャーマガジン「Coyote」を毎号あなたのお手元にお届けします。ご自宅はもちろん、オフィスやショップに毎号発売日(3月15日、7月15日、11月15日)にお届けしますので、買い逃す心配もなく安心です。しかも送料無料!
特別価格\3,100/通常価格より<21%OFF>
商品を見る

COYOTE 年間定期購読 2年間(6冊)

通常価格(1320円×6冊): 7,920円(税込)
6,000円(うち税 545円)
旅に暮らし、暮らしを旅するトラベルカルチャーマガジン「Coyote」を毎号あなたのお手元にお届けします。ご自宅はもちろん、オフィスやショップに毎号発売日(3月15日、7月15日、11月15日)にお届けしますので、買い逃す心配もなく安心です。しかも送料無料!
特別価格\6,000/通常価格より<24%OFF>
商品を見る

Coyote No.81 特集 ヌーベルバーグ・アラーキー

1,320円(うち税 120円)
荒木経惟はいかにして世界的な写真家となったのか?
舞台、演劇、音楽、文学など約半世紀わたるポスター作品を一挙掲載
街と時代、写真家との関係に迫る保存版100ページ特集!
商品を見る

Coyote No.80 特集 パタゴニア、未来を語る

1,320円(うち税 120円)
創業者イヴォン・シュイナードの哲学をいま一度ひもとき、人の営みと自然の理想的な関係を探る永久保存版110ページ
商品を見る

Coyote No.79 特集 高砂淳二 THE WATER IS WIDE

1,320円(うち税 120円)
3月15日発売のCoyoteは、自然写真家の高砂淳二を特集します。昨年自然写真界で最高峰と言われる「Wildlife Photographer Of The Year」の自然芸術部門の最優秀賞を日本人で初めて受賞した、独自の写真術へと迫ります。
在庫   ○
購入数

Coyote No.78 特集 ジェリー・ロペス ふたつの道

1,320円(うち税 120円)
今年12月15日から一般公開が予定されている、レジェンドサーファー ジェリー・ロペスの人生を描いたドキュメンタリー映画『ジェリー・ロペスの陰と陽』。8月に先行上映のジャパンツアーで来日を果たしたジェリー・ロペスにCoyoteは密着取材しました。今号では「サーフィンの神様」とまで呼ばれ、今なお多くのサーファーたちに影響を与えているジェリー・ロペスの伝説を振り返るとともに、74歳となる今もサーファー、そしてヨギとして現役を貫くその生き様を、1万字に及ぶドキュメントで紐解きます。
在庫   ○
購入数

Coyote No.77 特集 絵本の中の「せんそう」

1,320円(うち税 120円)
7月15日発売のCoyote No.77は「特集 絵本の中の『せんそう』」。今号では作家の池澤夏樹と画家の黒田征太郎が、広島に現存する被爆建物「旧陸軍被服支廠」をテーマに描いた絵本『旅のネコと神社のクスノキ』と連動をしながら、戦争と平和を絵本という視点から考えます。
商品を見る

Coyote No.76 特集 沖縄の夢

1,320円(うち税 120円)
今年5月15日に本土復帰50周年を迎える沖縄を大特集。今号では沖縄の人たちの暮らしに焦点を当て、沖縄が誇る伝統工芸「芭蕉布」をはじめとする衣・食・住の視点から改めて沖縄の魅力に迫りました。<br>スイッチオンラインストア特典:五十嵐大介イラストレーションポストカード
商品を見る

Coyote No.75 特集 山行 宮沢賢治の旅

1,320円(うち税 120円)
自然を知るために、今こそ宮沢賢治の山行を考えてみたい。宮沢賢治の原風景をとおして、作品の奥にある彼の思いを考える。見えない世界の不思議を発見する旅へ。
商品を見る

Coyote No.74 特集 川を渡る風、海の音を聴く The Sound of Fishing

1,320円(うち税 120円)
川を見て海を知る。釣りは人と自然をつなぐもの、人間が失った遠い記憶を呼び覚ます時間だ。水面で目を閉じ耳を澄ます。自然は私たちの生きている世界の内奥につながっている。私たちは自然をより深く知るために、北は北海道から南は八重山まで何千キロと日本をわたっていった。釣行として現代から一気に悠久まで遡るように旅をした。
商品を見る

Coyote No.73 特集 自然と遊ぶ、サウナのある暮らし

1,320円(うち税 120円)
自然との新しい出会い方をテーマに海外のサウナカルチャーをいちはやく取り上げたCoyote特集「SAUNA for Beginners」から4年、日本では空前のサウナブームが起きています。どうして人はサウナに夢中になるのか、サウナという行為の先に何を見出しているのか。カラダの内と外を繋げるサウナを手がかりに本当の豊かさを求める旅にでます。
商品を見る

Coyote No.71 特集 森山大道 東京パンデミック

1,320円(うち税 120円)
2020年、世界を襲ったパンデミックの日々に写真家は何を思うのか――。1964年の東京オリンピックの年にフリーのカメラマンとしてキャリアをスタートし、以来半世紀以上にわたって都市の様相を撮り続けてきた写真家・森山大道。昨年、写真会のノーベル賞とも称される「ハッセルブラッド賞」を受賞し、80歳を過ぎた今もライフワークとして毎日路上でスナップを続ける森山大道の視点から、今の時代の実態を切り取る永久保存版特集。

ページトップへ