アーネスト・ヘミングウェイ『こころ朗らなれ、誰もみな』(柴田元幸翻訳叢書)

ヘミングウェイの決定版19篇

『清潔な、明かりの心地よい場所』『殺し屋たち』『君は絶対こうならない』『死者の博物誌』……誰よりもシンプルな言葉で、誰よりも深い世界を描く。柴田元幸の新訳で贈る、まったく新しいヘミングウェイの短編集

2012年11月27日発行


2019年7月待望の重版が決定!

今年、生誕120周年を迎えるアーネスト・ヘミングウェイ。
その生誕を記念し、長らく品切れとなっていた
『こころ朗らなれ、誰もみな』の重版が決定しました。

同じく品切れとなっていた
『ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース』の重版も決定し、
柴田元幸翻訳叢書シリーズ全6巻が入手可能となりました。

同書はもちろん、この機に、ぜひシリーズのご購入もご検討下さい!
*重版分は7月17日頃の発送を予定しております。

アーネスト・ヘミングウェイ『こころ朗らなれ、誰もみな』(柴田元幸翻訳叢書)

価格:

2,592円 (うち税 192円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

目次

○ 清潔な、明かりの心地よい場所
○ インディアン村
○ 殺し屋たち
○ 死者の博物誌
○ 君は絶対こうならない
○ よその国で
○ この世の首都
○ よいライオン
○ 闘う者
○ 兵士の地元
○ 雨のなかの猫
○ ギャンブラー、尼僧、ラジオ
○ 蝶と戦車
○ 世界の光
○ いまわれ身を横たえ
○ こころ朗らなれ、誰もみな
○ 心臓の二つある大きな川 第一部
○ 心臓の二つある大きな川 第二部
○ 最後の原野

訳者あとがき

...............................................................................................................................

二十世紀なかばから後半にかけてアメリカで作家になろうとした人たちにとって、ヘミングウェイの書き方をまったく意識しないことはおよそ不可能だった。……そういった影響力で考えると、むろん長篇も大事ではあれ、ヘミングウェイの場合、決定的に重要なのはやはり短篇ではないかと思う。__柴田元幸

関連商品

在庫   ○
購入数

「ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース」(柴田元幸編訳)

2,268円(うち税 168円)
柴田元幸翻訳叢書待望の第5弾!
11名の作家による、英文学の名作中の名作を選りすぐった贅沢極まりないアンソロジー。
好評既刊『アメリカン・マスターピース古典篇』の姉妹編となる一冊
商品を見る

ジャック・ロンドン『犬物語』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
柴田元幸翻訳叢書 待望の新刊!生か死か、勝つか負けるか、犬か人かーー。第1弾『火を熾す』から9年、満を持して贈る『犬物語』は極北の大地を舞台に犬を主人公にした物語集。代表作「野生の呼び声」を含め、柴田元幸が精選・翻訳した珠玉の5篇。
在庫   ○
購入数

バーナード・マラマッド『喋る馬』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
底抜けに哀しく、可笑しい。
在庫   ○
購入数

『アメリカン・マスターピース 古典篇』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
柴田元幸が長年愛読してきたアメリカ古典小説から選りすぐった、究極の「ザ・ベスト・オブ・ザ・ベスト」がついに登場!ホーソーン「ウェイクフィールド」、メルヴィル「書写人バートルビー」、O・ヘンリー「賢者の贈り物」......アメリカ古典文学の途方もない豊かさを堪能できるアンソロジー。ポー「モルグ街の殺人」、ヘンリー・ジェイムズ「本物」の豪華訳し下ろしもたっぷり収録の、贅沢極まりない傑作集
在庫   ○
商品を見る

ジャック・ロンドン『火を熾す』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
ジャック・ロンドンは小説の面白さの原点だ。短編小説の名手、ジャック・ロンドン。バラエティーと意外性に満ちた作品群のなかから、柴田元幸が9篇を精選、読者に贈る
在庫   ○
購入数

柴田元幸『ケンブリッジ・サーカス』

1,944円(うち税 144円)
柴田元幸、初のトラベルエッセイ集
在庫   ○
購入数

『本当の翻訳の話をしよう』村上春樹+柴田元幸 対談集

1,944円(うち税 144円)
村上春樹と柴田元幸の対談集、ついに刊行決定。文芸誌『MONKEY』を主な舞台に重ねられた、小説と翻訳をめぐる対話が一冊に。

ページトップへ