アレン・ギンズバーグ【新訳】『吠える その他の詩』(訳・柴田元幸)


【新訳】吠える その他の詩

アレン・ギンズバーグ
訳 柴田元幸


息苦しさが支配する1950年代アメリカにおいて、
詩人は反抗と自由をうたった。
カウンターカルチャーの嚆矢となり、
後世に決定的な影響を与えた一冊。
ビート・ジェネレーションを代表する詩人による
1956年刊行の詩集が、新訳で甦る。


1955年10月7日、サンフランシスコの小さな会場で行われた
若い無名の詩人5人による朗読会において
ギンズバーグは「吠える」の第一部を読み、聴衆は電撃的に反応した。
――「訳者あとがき」より



【コンテンツ】
『吠える』について――ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ
吠える/吠える 脚注/カリフォルニアのスーパーマーケット
オルガン曲を書き写す/ひまわりスートラ/アメリカ
グレイハウンドの荷物室で
初期詩選(アスフォルデ/うた/野生の孤児/リアルの背後で)


ISBN:978-4-88418-5381
2020年6月30日刊行



アレン・ギンズバーグ【新訳】『吠える その他の詩』(訳・柴田元幸)

価格:

1,650円 (うち税 150円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら



*こちらの商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3~4日程お時間をいただく場合がございます。

関連商品

在庫   ×
商品を見る

MONKEY vol.21 猿もうたえば

1,320円(うち税 120円)
文芸誌「MONKEY」21号目は「うた(詩・声・歌)」の特集。アメリカの近現代詩から、ロックやブルースの歌詞、アメリカ・インディアンの口承詩、日本の説話文学までを射程に、言葉にいかに生命が宿るのか、声にする/耳で聞く“うた”としての「詩」に焦点をあてる
商品を見る

SWITCH Vol.37 No.9 特集 LEVI’S(R) VINTAGE CLOTHING BEAT GOES ON

1,100円(うち税 100円)
「リーバイス®️ ジーンズ」とともに、今あらためて「ビート」とは何か考える。表紙巻頭に俳優・浅野忠信が登場。柴田元幸によるギンズバーグ訳し下ろしも。雑誌「SWITCH」が「LEVI’S®️」とつくるビートカルチャーのすべて。80ページ完全保存版!!
在庫   ○
購入数

COYOTE No.54 NEW YORK NEW BEAT GENERATION 週末ニューヨークへ

1,100円(うち税 100円)
ニューヨーカーたちの週末の旅先として、また近年はアーティストやクリエイターが移り住み、新しいアートスペースやレストラン、ライフスタイルが生まれる場所・ハドソンバレーを取材!また、マンハッタンのダウンタウンで、ジャック・ケルアックやアレン・ギンズバーグらが巻き起こした「ビート・ジェネレーション」の足跡を追った

ページトップへ