岸本佐知子『死ぬまでに行きたい海』


岸本佐知子『死ぬまでに行きたい海』


文芸誌『MONKEY』創刊号から7年あまり続く岸本佐知子の人気連載「死ぬまでに行きたい海」がついに単行本化!

焚火の思い出、猫の行方、不遇な駅、魅かれる山、夏の終わり—— 。
“鬼”がつくほどの出不精を自認する著者が、それでも気になるあれこれに誘われて、気の向くままに出かけて綴った22篇。行く先々で出会う風景と脳裏をよぎる記憶があざやかに交錯する、新しくてどこか懐かしい見聞録


ISBN:978-4-88418-5435
192ページ
2020年12月1日刊行



岸本佐知子『死ぬまでに行きたい海』

価格:

1,980円 (うち税 180円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら



*こちらの商品は予約商品です。
*通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3~4日程お時間をいただく場合がございます。

岸本佐知子(きしもと さちこ)
翻訳家。訳書にルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』、リディア・デイヴィス『話の終わり』、ジョージ・ソーンダーズ『十二月の十日』、ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』、ショーン・タン『内なる町から来た話』、ジャネット・ウィンターソン『灯台守の話』など多数。編訳書に『変愛小説集』『居心地の悪い部屋』『楽しい夜』など。著書に『なんらかの事情』『ひみつのしつもん』などがある。2007年『ねにもつタイプ』で第23回講談社エッセイ賞を受賞。


ページトップへ