SWITCH Vol.36 No.8 細田守 オルセーへ行く ――西洋絵画と『未来のミライ』

この夏、3年ぶりの新作『未来のミライ』を発表する細田守。
美大の油画科に学び、画家を志した時代もある細田にとって、
アニメーション映画は西洋美術の長い歴史と切っても切り離せない関係にあり、
その鍵を握る一枚の絵画がフランスにある、という。
新作の制作を終えたばかりの細田とともに、パリ、オルセー美術館へと向かった




*WEB特典 表紙A2ポスター



ISBN 978-4-88418-507-7
2018年7月20日発売


SWITCH Vol.36 No.8 細田守 オルセーへ行く ――西洋絵画と『未来のミライ』

価格:

972円 (うち税 72円)

購入数:

WEB特典

在庫

購入

特典あり

特典なし

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら



*商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3〜4日程お時間をいただく場合がございます。



SWITCH年間定期購読のご案内
年間定期購読だと、こんなに"お得"です!
直近1年分の(12冊)の合計金額は12,528円(税込、1冊あたり1,044円)ですが、
約30%OFF!! 9,000円(税込、1冊あたり750円)でお届けします。
もちろん送料は無料。特別定価号があっても追加料金なし。
そして特典が付く号には無条件で特典をプレゼントいたします!!
詳細はこちら


【CONTENTS】

020
細田守が語るオルセーの名画18
with 上白石萌歌
オルセー美術館が誇る名画一枚一枚を、細田守が“作り手”の視点で読み解く

エドゥアール・マネ[ブレイクスルーを起こす力]
エドガー・ドガ[絵画的な手法でいかに瞬間を描くか]
ポール・セザンヌ[美しくないから美しい]
クロード・モネ[普通はこんな構図で描かない?]
フィンセント・ファン・ゴッホ[存在そのものが美]
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック[絵に刻み込まれた時間]
エドゥアール・ヴュイヤール[130年前のモダン]
アンリ・ルソー[見たことがないものを描く]

052
DIALOGUE
細田守 with 上白石萌歌[美の価値を定めてきた街で]

056
ARCHITECTURE OF ORSAY
美術館になったオルセー駅


『未来のミライ』が描いたもの
061
FUTURE STATION OF 'MIRAI'
未来の東京駅のデザイン

062
ART & ANIMATION
原田マハが語る細田守と西洋美術

064
ANIMATION WORKS OF MIRAI
『未来のミライ』のアニメーション表現

VOICE CAST
068
DIALOGUE
細田守×福山雅治
初の本格的なアニメーション作品への参加が本作となった福山雅治。
細田守はなぜその“声“を選び、その“声”は作品に何をもたらしたのか。
互いに多忙なスケジュールを縫って実現した特別対談

074
DIALOGUE
上白石萌歌×黒木華/星野源×麻生久美子

086
荒木経惟[女優礼讃]第36回 唐田えりか
アルマーニをまとった女優たちと写真家・荒木経惟によるフォトセッション連載

094
SWITCH INTERVIEW 第46回 與那城美和
[遥かなる古謡への想い] 文 戌井昭人 写真 浅田政志
作家・戌井昭人が「いま、気になる人」の半生をほじくり返す好評連載

102
A SCENE OF LIFE VOL.29 土屋太鳳
サングラスとともに過ごす日常の一場面。女優・土屋太鳳が神社へお参りに

104
s**t kingz[DANCE WITH A SMILE]
日本のダンスシーンを牽引する四人組ダンスパフォーマンスユニット、結成10年の思い

108
LONG TOURING TO NOTO with VOLVO XC60
夏の都会を抜けて、古都・金沢へ。漆器と夕日を求めるロングドライブ

112
新連載
Post Home industrial-Design VOL.1 マグダ・ウエルドン
穏やかで良質な生活を作り出す道具 = ホーム・インダストリーをめぐる長い旅

116
橙が実るまで
文・田尻久子 写真・川内倫子
死を慈しみ生を喜び、二人の女性の静謐な想いが今重なる。写真とエッセイによる短期集中連載

120
小さな町に刻まれる海と未来の物語
写真家・垂見健吾が撮る宮城県七ヶ浜町の子どもたち。復興の標として「笑顔の写真展」を開催

138
荒木経惟[月光写真]
1964年から71年にかけて撮りためた写真を自らレイアウトしたスクラップブック群、そのベールを脱ぐ

―――――――――――――――――――――――――――

080
新連載
佐内正史[もどりどり]

010
角田光代[オリオリ]
第47回 東京の島

083
THINGS WE LOVE
PRADA/ONITSUKA TIGER

122
TRY & ERROR
真鍋大度・LOCUS/伊藤ガビン・クリエイターのサバイバル術
tomad・バトルトラックスタウン

126
GO THE WILD SIDE OF MUSIC
VOL.9 SUSHIBOYS

129
CATCH & RELEASE
Early Noise Night/小林武史「円奏の彼方」

130
本屋のかお
第26回 熊本 橙書店


関連商品

商品を見る

SWITCH Vol.33 No.7 細田守 冒険するアニメーション

972円(うち税 72円)
前作から3年の製作期間を経て、遂に発表される新作『バケモノの子』。エンターテインメントの王道への挑戦。それが細田守の新たな冒険だ。アニメーション映画の未来を一身に背負っていく作家、細田守。その輪郭を描き出すための冒険がはじまる
染谷将太/広瀬すず/役所広司/宮あおい/大泉洋
川村元気 × 伊賀大介/柴田元幸/石田千/真木よう子
商品を見る

SWITCH Vol.30 No.8 (細田守 『おおかみこどもの雨と雪』はこの世界を祝福する)

1,026円(うち税 76円)
『時をかける少女』『サマーウォーズ』の監督が描く、アニメーション新未来地図
商品を見る

SWITCH Vol.31 No.12 (スタジオジブリという物語)

842円(うち税 62円)
スタジオジブリの人びと、特に高畑勲、宮崎駿、鈴木敏夫という3人が織り成す人間ドラマは、その作品と同じくらいに面白いのではないか――。スタジオジブリで修行中のドワンゴ会長・川上量生を責任編集に迎え、高畑勲14年ぶりの新作『かぐや姫の物語』公開、宮崎駿引退表明など、新たな物語が動き出したスタジオジブリの現在をドキュメントする
西村義明/鈴木敏夫/糸井重里/川村元気
男鹿和雄/朝倉あき/高良健吾

ページトップへ