SWITCH Vol.39 No.8 特集 サウンドトラック2021(表紙巻頭:細田守『竜とそばかすの姫』)

映画・ドラマ・アニメーション・YouTubeなど、さまざまな映像媒体のコンテンツを彩り、同時に現在の音楽シーンを盛り上げているサウンドトラック。単純な劇伴・タイアップという以上に、映像コンテンツと深く有機的に関わりながら生み出される2021年の音楽の在り方に、改めて焦点を当てる。巻頭では7月16日に公開となる細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』をフィーチャー

PART.1:細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』徹底特集50ページ

前作『未来のミライ』から3年、満を持して今夏公開される新作『竜とそばかすの姫』は従来の細田ワールドを踏襲しつつ、国内外から様々なクリエイターが集い、細田守の映画表現をより一層豊かなものへと拡張させている。クリエイター陣の中でもその大きな役目を担うのが、主人公・すず/ベル役を務めたミュージシャンの中村佳穂、そしてメインテーマを手がけた常田大希(millennium parade)だ。今回、細田守、中村佳穂、常田大希それぞれのインタビューを掲載。さらに声優初挑戦となるYOASOBIとしても活躍するシンガーソングライターの幾田りらインタビュー、音楽を担当した岩崎太整、ルドウィグ・フォシェル、坂東祐大インタビュー、そして海外クリエイター陣への取材を通して、主に「歌」や「音楽」にフォーカスして本作の魅力を紐解きます。


PART.2:Ado、Eveの貴重なインタビュー掲載。松たか子主演ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』より主題歌&エンディングを手がけるSTUTSインタビューも

YouTubeフォロワー数が300万人を超え、曲の世界観と完全に融合するMVが支持されるシンガーソングライターのEve、そして昨年10月に「うっせぇわ」で彗星の如く音楽シーンに現れた歌い手・Adoと彼女のイメージディレクターを務めるORIHARAがSWITCH初登場。さらにTVドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ)にてSTUTS & 松たか子 with 3exesとして制作された主題歌&エンディングが話題のトラックメイカー・STUTSのインタビューを掲載。ドラマとヒップホップの新たな関係性を提示した本企画の革新性に迫ります。


【第2特集】アニメスタジオ「MAPPA」設立10周年を作品とともに振り返る

アニメスタジオ「MAPPA」がこれまで生み出してきた名作の数々とともに10年の軌跡を振り返り『呪術廻戦0』『チェンソーマン』といった今後公開予定の新作情報を交えながら、MAPPAの過去・現在・未来を紐解きます。


<オンラインストア限定特典>
表紙A2ポスター



2021年7月20日発行


SWITCH Vol.39 No.8 特集 サウンドトラック2021(表紙巻頭:細田守『竜とそばかすの姫』)

価格:

990円 (うち税 90円)

購入数:

WEB特典

在庫

購入

特典あり

特典なし

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

*特典は四つ折りでの発送となります。
*商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3~4日程お時間をいただく場合がございます。



SWITCH年間定期購読のご案内
年間定期購読だと、こんなに"お得"です!
直近1年分の(12冊)の合計金額は12,760円(税込、1冊あたり1,063円)ですが、
約3冊無料!! 9,200円(税込、1冊あたり766円)でお届けします。
もちろん送料は無料。特別定価号があっても追加料金なし。
そして特典が付く号には無条件で特典をプレゼントいたします!!
詳細はこちら


関連商品

商品を見る

SWITCH Vol.36 No.8 細田守 オルセーへ行く ――西洋絵画と『未来のミライ』

990円(うち税 90円)
この夏、3年ぶりの新作『未来のミライ』を発表する細田守。
美大の油画科に学び、画家を志した時代もある細田にとって、
アニメーション映画は西洋美術の長い歴史と切っても切り離せない関係にあり、
その鍵を握る一枚の絵画がフランスにある、という。
新作の制作を終えたばかりの細田とともに、パリ、オルセー美術館へと向かった
商品を見る

SWITCH Vol.33 No.7 細田守 冒険するアニメーション

990円(うち税 90円)
前作から3年の製作期間を経て、遂に発表される新作『バケモノの子』。エンターテインメントの王道への挑戦。それが細田守の新たな冒険だ。アニメーション映画の未来を一身に背負っていく作家、細田守。その輪郭を描き出すための冒険がはじまる
染谷将太/広瀬すず/役所広司/宮あおい/大泉洋
川村元気 × 伊賀大介/柴田元幸/石田千/真木よう子
在庫   ×
商品を見る

SWITCH Vol.30 No.8 (細田守 『おおかみこどもの雨と雪』はこの世界を祝福する)

1,045円(うち税 95円)
『時をかける少女』『サマーウォーズ』の監督が描く、アニメーション新未来地図
在庫   ×
商品を見る

SWITCH Vol.31 No.12 (スタジオジブリという物語)

858円(うち税 78円)
スタジオジブリの人びと、特に高畑勲、宮崎駿、鈴木敏夫という3人が織り成す人間ドラマは、その作品と同じくらいに面白いのではないか――。スタジオジブリで修行中のドワンゴ会長・川上量生を責任編集に迎え、高畑勲14年ぶりの新作『かぐや姫の物語』公開、宮崎駿引退表明など、新たな物語が動き出したスタジオジブリの現在をドキュメントする
西村義明/鈴木敏夫/糸井重里/川村元気
男鹿和雄/朝倉あき/高良健吾

ページトップへ