MONKEY vol.26 特集 翻訳教室(仮)

2022年2月15日発売のMONKEYは柴田元幸による誌上翻訳教室を開講!!
伊藤比呂美、小島敬太、ブレイディみかこ、阿部大樹が生徒となって課題作品を訳し、その翻訳について議論した“特別授業"を収録。
さらにポール・オースターの新作『4321』の抄訳を初掲載。







ISBN:978-4-88418-584-8
2022年2月15日刊行


MONKEY vol.26 特集 翻訳教室(仮)

価格:

1,320円 (うち税 120円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら



*こちらの商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3~4日程お時間をいただく場合がございます。
*特典をお付けする場合、特典情報解禁前にご予約頂いたお客様には無条件で特典をお付けします。




MONKEY年間定期購読のご案内

文芸誌「MONKEY」を毎号あなたのお手元にお届けします。
ご自宅はもちろん、オフィスやショップに毎号発売日(2月15日、6月15日、10月15日)までにお届けしますので、買い逃す心配もなく安心です。送料も無料!
特典が付く号には無条件で特典をプレゼントいたします!!
■1年間購読はこちら
■2年間購読はこちら


MONKEY年間定期購読2年間限定特典!
「和田誠 ミニノート」

「MONKEY vol.20 探偵の一ダース」の表紙でもある和田誠イラストレーションを使用したミニノート。B6サイズでポケットにも入れられるので、携帯するのにも最適です!2021年6月15日発売のvol.24以降に2年定期をお申し込みされた方にお付けします(無くなり次第終了)。




スイッチオンラインストア定期購読者限定WEB連載(完結)
第2弾『オズのオズマ』
*年間購読ご契約のお客様には、もれなくここでしか読めないWEBコンテンツ「マシュー・シャープの週刊小説」「オズのオズマ」のログインパスワードをお届けします!
詳しくはこちら
*発売日前の号からの定期購読をお申し込みされた方には、先にパスワードを記載した用紙のみをお送りいたします。

新年最初の文芸誌『MONKEY』は、「翻訳教室(仮)」と題し、“翻訳"という営みについて改めて考えます。

柴田元幸の普段の翻訳作業の工程を紹介するほか、柴田元幸が自身の翻訳作品に詳細な解説を加えた「自“訳"解説」を収録。

また、柴田元幸による「翻訳教室」が誌上で開講! 伊藤比呂美、小島敬太、ブレイディみかこ、阿部大樹が生徒役となり、課題作品を訳し、その翻訳について全員で議論を展開します。

さらに、英語圏で日本文学が続々と英訳されている中、「現在もっとも優れた若手の現代日本文学翻訳者の一人である。」と柴田元幸が絶賛し、柴崎友香や、松田青子、津村記久子などの英訳を手がける翻訳家ポリー・バートンと柴田元幸の対談も収録。

また、カズオ・イシグロやJ・D・サリンジャー、アーネスト・ヘミングウェイ、ジャック・ロンドンなどの作家の文章を特徴づける「単語」をピックアップして解説する「作家別鍵言葉辞典」や、柴田元幸による「いつの日か訳せるようになりたい小説11」を紹介。


ページトップへ