Coyote No.69 Go Go Picnic! in Newfoundland 島で暮らすための大切なことがら

特集:Go Go Picnic! in Newfoundland
島で暮らすための大切なことがら


北の海へ航跡を曳く。
新しい島を発見するような
わくわく感でニューファンドランドへ旅をする。
霧がはれて氷山にぶつからないようにと
風の音が聴こえる。

夏を惜しむように強い陽射しを受けて花は咲き、海ではクジラが潮を吹き上げる。カナダ東端の島、「ニューファンドランド」もっとも新しい島という名の島へ行く。冬の荒漠とした世界に生きる人は、夏をどう過ごしていくのだろう。森でベリーを摘む一人の若者にそう問うと、ピクニックに誘われた。彼女は海岸で草花を摘み、その場で料理をしてくれた。一瞬の夏でも長い冬でも島の暮らしは変わらない。そこに暮らす人々の自然との上手な付き合い方、工夫に富んだ暮らしの知恵がほんの少し垣間見えたような気がした。もう少し島の奥へ歩みを進め、短い夏を謳歌して、冬に思索する人々に近づこう。海と大地をめぐる知恵を探しに島を歩く。
【MAIN CONTENTS】
photo story Newfoundland 写真=ただ
森と海の食卓 ニューファンドランドの海辺の小さなコミュニティ、「モバイル」。地元の食材を採集し、海辺でピクニック
黒田征太郎、北へ フォーゴ島を行く イラストレーター・黒田征太郎が約半世紀ぶりにカナダを再訪。旅のスケッチブックとともに

…and more!!



INBN:9784884184742
2019年11月20日発行

Coyote No.69 Go Go Picnic! in Newfoundland 島で暮らすための大切なことがら

価格:

1,320円 (うち税 120円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

*こちらの商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3~4日程お時間をいただく場合がございます。


Coyote年間定期購読のご案内
トラベルカルチャーマガジン「Coyote」を毎号あなたのお手元にお届けします。
ご自宅はもちろん、オフィスやショップに毎号発売日(3月15日、7月15日、11月15日)までにお届けしますので、買い逃す心配もなく安心です。送料も無料!
特典が付く号には無条件で特典をプレゼントいたします!!
■2年間購読はこちら


【CONTENTS】
特集 Go Go Picnic! in Newfoundland
島で暮らすための大切なことがら



森と海の食卓
写真=ただ


St.John’s
セントジョンズはウォーミングな街
黒田征太郎、ダウンタウンを歩く
写真=ただ


トリニティの霧
写真と文=新井敏記



黒田征太郎、北へ
フォーゴ島を行く


special
つれてゆかれた行程のメモ
絵=黒田征太郎


travel essay
池澤夏樹 チリへ



STORY
ある幸福 クートラスの時間
平松麻




<以下、全コンテンツ一覧>
12
photo story
写真=ただ

18
Mobile 海と森の食卓

24
Ferryland
灯台の下でピクニック

30
St.John’s
セントジョンズはウォーミングな街
黒田征太郎、ダウンタウンを歩く

42
Trinity
トリニティの霧

54
Fogo Island
黒田征太郎、北へ
フォーゴ島を行く

special
つれてゆかれた行程のメモ
絵=黒田征太郎

66
Twillingate
トゥイリンゲートでボート・ビルダーの教えを乞う

70
St.Bride’s & Fogo Island
二人の漁師
写真と文=遠藤励

76
Gros Morne National Park
5億年の時を刻む大地
——————————————————

3
for Readers

9
TRAVELOGUE
黒田征太郎

96
travel essay
池澤夏樹 チリへ

106
story
平松麻
ある幸福 クートラスの時間


130
document
We are Maunakea「わたしたち自身が、マウナケアなのだ」
写真と文=今井栄一

90
muraco
FOR THE NEW TRAVELER
Vol.1 立山、はじまりの山へ
写真=飯坂大 文=猪野正哉

114
THE NORTH FACE
未来に残したい風景
第9回 カナダ・スコーミッシュ
写真と文=竹内天平

104
NEWFOUNDLAND PROLOGUE
三つの教え
写真=遠藤励

120
四川、百菜百味を巡る
写真=朝岡英輔

124
patagonia
映画「ARTIFISHAL」は教えてくれる

126
Foxfire
True to nature
vol.3 大竹英洋

128
最初の一歩 第69回
服部文祥
絵=馬場俊光

140
谷川俊太郎 詩
ハダカだから
絵=下田昌克

関連商品

商品を見る

COYOTE 年間定期購読 1年間(3冊)

通常価格(1320円×3冊): 3,960円(税込)
3,100円(うち税 282円)
旅に暮らし、暮らしを旅するトラベルカルチャーマガジン「Coyote」を毎号あなたのお手元にお届けします。ご自宅はもちろん、オフィスやショップに毎号発売日(3月15日、7月15日、11月15日)にお届けしますので、買い逃す心配もなく安心です。しかも送料無料!
特別価格\2,980/通常価格より<23%OFF>
商品を見る

COYOTE 年間定期購読 2年間(6冊)

通常価格(1320円×6冊): 7,920円(税込)
6,000円(うち税 545円)
旅に暮らし、暮らしを旅するトラベルカルチャーマガジン「Coyote」を毎号あなたのお手元にお届けします。ご自宅はもちろん、オフィスやショップに毎号発売日(3月15日、7月15日、11月15日)にお届けしますので、買い逃す心配もなく安心です。しかも送料無料!
特別価格\5,800/通常価格より<25%OFF>
商品を見る

Coyote No.66 特集:北に遊び 小屋に暮らす

1,320円(うち税 120円)
カナダ/スウェーデン/アイスランド――かつて人々が憧れた三大原野を旅する。
なぜ人類は極北の自然と暮らしへ惹かれるのか。その羨望の在り処がここに。
在庫   △
購入数

COYOTE No.47 (今、野坂昭如)

1,760円(うち税 160円)
野坂昭如こそ百の姓の持つ男だ。多岐に渡る活動は枚挙にいとまがない。映画化された『火垂るの墓』、『骨餓身峠死人葛』は戦争で失った人間の尊厳を教えてくれる。歌手や作詞家、他にも落語家、政治家、百姓。その全部が広く、深く、軽く。まさに今をもっとも映し出す世界観だった。作品群はいずれも地の果ての風俗だ。愛おしく人はそれを無頼とも反抗とも自由とも呼ぶ。神様の作った最高傑作のひとつがまぎれもなく野坂昭如なのだ。人はどのように生きて、どのように死んでいくのか。Coyote再刊第一号は野坂昭如の軌跡を追う。立会人は黒田征太郎しかいない。
商品を見る

Coyote No.65 特集:MOUNTAIN STORIES 一瞬の山 永遠の山

1,320円(うち税 120円)
本当の登山ってなんだろう。記録のためか、それとも自分のためか。限界の先へ挑み続ける孤高の登山家・山野井泰史にその答えを探す。山は今、”誰”のものなのか。Coyoteが登山界に一石を投じる、1冊まるごと”山”の総力特集!

ページトップへ