SWITCH Vol.33 No.3 COMME des GARCONS 未来への意思を繋ぐもの


 2015年コム・デ・ギャルソン春夏コレクションは、「薔薇と血」がテーマだった。薔薇は幸せなイメージではなく、政治、戦争、宗教に登場したもの、血を伴う鮮烈なイメージの薔薇だった。グロテスクなイメージだけではなく、素材やフォルム、その色彩と相まって、見る者を豊かな冒険へと誘った。想像力豊かな川久保玲のデザインにデュシャンの作品を重ねる。常識的な服の概念に疑問を投げかけた寵児として登場した川久保玲は、同時に日常の在り方を人々に問いつづけている。「薔薇と血」は、原始的な本性によって衝き動かされ荒々しい生を緊迫したフォルムの中に描く。
 40年以上にわたってコム・デ・ギャルソンを続けてきた川久保玲の意思、たえず新しいデザインに挑戦する勇気、クリエイティブとビジネス、その二つを時代を牽引する滑車として重ね合わせた醍醐味。コム・デ・ギャルソンこそ、人の心を動かすブランドだった。
 川久保玲のデザインはファッションの世界に留まらず一つの生き方として未来を指し示している。
 川久保玲に創作の秘密を訊ねた。
「何か新しいものを探すのに終わりはありません。普通の生活をする中で考えるだけです」
 山や野の仕事に従事する人と同じで、森の生活で聴かれる風の言葉のように感じられた。

▼SWITCH Vol.33 No.3 COMME des GARÇONS
【WEB特典】コム・デ・ギャルソン2015年DM or A2ポスタープレゼント!
http://www.switch-store.net/SHOP/SW3303.html



Posted on 2015/2/16
TOPICS

ページトップへ