SWITCH INTERVIEW ――多田玲子「チュンチュンチュン、ジーコロコロ」 後編

写真・浅田政志


前編はこちら

「中学は、またバレー部に入ってしまいました。結局、高校3年までやっちゃうんですけど、小中高とバレーボールをやってわかったのは、自分に、バレーボールは向いてないってことだった」

「なんだそりゃ」

「8年かけてわかった。でも、大学にもバレー部があって、人が足りないからって行くようになるんですけど」

「体を動かすのは好きだった」

「動かしてる時はどうなんだろう? って思ってたんだけど、大学卒業して、運動しなくなったら、具合が悪くなった、情緒とかも不安定に」

「じゃあ動かしてる方が調子がいいんですね」

「はい」

「漫画の方は?」

「漫研があって、そこに入って4コマ漫画を描き始めました。漫研の先輩は癖のある人ばかりで、『オヌシやるな』みたいに喋る、いわゆるオタクっぽい人ばかりでした。その頃は、世の中がバンドブームで、音楽を聴いてました。っていってもその前から音楽は聴いてたな。幼稚園の頃は、ユーミンが好きで、ユーミン聴きながらスピリッツ読んでた」

「大学生みたいな幼稚園児」

「ユーミンが好きで、初コンサートもユーミン。しかも八王子市民会館」

「ユーミンは八王子で、多田さんの実家も近所」

「そうなの、だから親も、娘はユーミン方向にと思っていたみたい。さらに多摩美に行くから『同じになった』って喜んでました」

「それで中学時代は、どんな音楽を?」

「中学の頃は、ピーズ、真心ブラザーズ、カステラとか。でもフォークも好きで吉田拓郎も聴いてたな、チューリップとか甲斐バンドとか。ユーミン、五輪真弓、EPOは親が持ってたカセットでよく聴いてました」

「一方では、ニューミュージックだったんだ。でも周りの友達は、そこらへん聴いてなかったんじゃないの」

「そうです。それでバンドをやり始めます。中学から、ピーズを好きな2人がいて、その子達は、中学2年なのに、ギターもベースも上手で、あとはドラムだけだと。それでピーズもドラムやったことない人がやってるから大丈夫だと誘われて」

「ウガンダだ!」(ピーズの2代目ドラマー)

ピーズは3ピースのバンドで正確には「THEピーズ」、わたしも大好きなバンドです。ボーカルはハルさん、ギターはアビさん、ドラムはメンバーチェンジを数回。男子の情けなさや悲哀を歌うロックバンドで、ハルさんの歌詞がとくにすばらしい。などとこのままでは、ピーズの説明が長くなるので止めます。皆様、ぜひ聴いてみてください。

「それでドラムの方は?」

「教則本見ながら、タウンページを叩いてました。でも『さっぱりわかんねえぞ』と思ってた。そしたら立川のヤマハの社長の娘さんが学校にいたんです。彼女は中学2年なのに、ませててセクシーでプリンスが好きで、その子に『ドラムやりたいんだけど』って話したら、『いいよ、パパに言ってあげるよ』って感じで紹介してもらって」

「習いだすんだ」

「はい、グループレッスンで。親は、ドラムをやることに反対してて、将来のためにならないと。『でもやりたいんですけど』って言ったら、『だったら自分の貯金でやんなさい、そういうのは自腹でやったほうがいい』と言われて、いままで貯めてきたお年玉とかのお金で習いはじめます。でも五カ月くらいでお金が尽きて、貯金ゼロ。それからスタジオ入って、ライブをやったり」

「ピーズ以外には、どんな音楽を?」

「ローザ・ルクセンブルグとかもやってたな」

「じゃあ高校に入りましょう。どんな高校生活でしたか?」

「学校の近くにミスタードーナツがあって、チョコファッジシェイクというのが大好きでした。それを朝に買って、ロッカーの中に入れておいて、授業中は『トイレ行ってきます』って言って、ロッカーに顔を突っ込んで飲んでた」

「なんか中毒か、ドーピングみたいだけど、そんなにチョコファッジシェイクがお好きだったんですね」

「はい」

「趣味は?」

「趣味は増えしまって、映画観るのが好きになって、映画を撮り始めました。ショートショートのギャグみたいな映画を」

「それは、クラブ活動?」

「いや、先輩で少女仮面という3人グループがいたんです」

「少女仮面?」

「唐十郎の戯曲からとったらしいんだけど、その先輩グループが、学園祭の時に映像の作品を出してて」

「イカした先輩だったんだ」

「そう、わたしが中3の時、その人たちは高校3年だったんだけど」

「中高一貫だから繋がりがあるんですね」

「そうなの。わたしはいつも『少女仮面格好いい!』と思ってたんです。それで学園祭の時に、少女仮面のポスターを盗もうとしてたら、少女仮面の人に見つかって、『おぬし!』と言われて」

「まずいじゃないですか」

「でも、その先輩に、『おぬし、少女仮面を継ぐ気はあるのか?』と言われたんです」

「憧れの先輩直々だ」

「最初は、継ぐ? どういうことだ? って思いました。そもそも少女仮面は、アイドルとかそういうのとも違って、本当にアングラな感じだったんです。シュールでミステリアスなショートショートで」

「それで少女仮面を継いだ多田さんが、映像作品をつくりだす」

「でもわたしの代から、ミステリアス要素がなくなって、面白い感じになってしまったんだけど。とにかく、その時は、『やります!』って言って、それで高校に入って」

「少女仮面」

「はい。だから高校時代は、少女仮面の多田さんと言われてた。あとは、お芝居もやってた。演劇を」

「バンドもやってたんでしょ」

「そう、始めたことはやめないんです」

「忙しい」

「バレーボール、漫画、バンド、舞台、あと文化祭委員も」

「そして少女仮面」

「はい。その代わり、勉強がまったくできてない」

「他にもなにかやってた?」

「これ以上話しても恥ずかしいですけど、応援団もやってました。中学1年から高3まで」

「すごいな。時間の使い方はどうしてたの?」

「漫画は授業中に、バンドの練習は学校終わって、部活もやってたけど、文化祭の前に休部してました。委員会は昼と朝、映画は休み時間に撮って、夜に家で編集してた」

「忙しいクリエイターみたい」

「勉強はゼロでしたけど。授業中に漫画描いて、『トイレ行ってきます』と抜け出して、ロッカーに顔突っ込んでチョコファッジです」



次へ

ページトップへ