SWITCH INTERVIEW ――大谷幸生「花で笑顔を飾る」 〜後編〜

写真・浅田政志


前編はこちら

「お弁当屋さんを辞めた後は?」

「お客さんで、ガソリンスタンドにも来ていて、お弁当屋さんにも来てた、運送会社の人のところで働きます。そこは稼ぎも良かった。軽トラックに荷物を積んで配達するんです。でも僕は、その頃スキンヘッドで、当時はオウム真理教の事件もあったので、ドアを開けてくれない人もいました」

「ドアの前に、箱を持ったスキンヘッドが」

「そうなんです」

「ちょっと怖いですね」

「でも、その会社は、社長が色々なことに手を出して、最終的には、給料がもらえなくなって辞めます」

「その後は?」

「そこでやっとお花屋です。花を買いに行っていたお花屋さんが、うちにおいでと言ってくれて、そこで半年働きます。で、いろいろな花屋を見てまわって、『僕は花屋になりたいんです』と言っていました。3年間修行して花屋になるとかではなく、キャラ先行でやっていけるのではないかと思っていたんです。そこでお金を貯めるために、求人広告で一番高いバイトを探して、高速道路を清掃する会社で働き始めます」

「どのくらい働いたんですか?」

「1年くらいです。毎月のように救急車で運ばれる人がいるような劣悪な環境の仕事でした。宇宙服みたいな服を着せられて、鉄の粉が出るホースを持って、それを吹き付けて、サビを落とすんです。その後、鉛をスプレーするんです。この時マスクをしていても、鉛が詰まって息苦しくなるので、最後は、マスクを取っちゃうんですけど、体に良くない。あとは、歯車に指を挟まれた人とか、鉄の粉が顔に入った人とかいて、それで、そろそろ僕の順番が来るんじゃないかと」

「救急車が」

「はい、で、そろそろ辞めようかと。百万円ちょっと貯めたので、物件を探して、26歳の時に店を開きます」

「場所は?」

「横須賀です。それで、月10万円のところを借りたんですけど、保証金というものを知らなくて、全部払ったら3万円しか残らなかった。でも、初日に、12,000円だけ花を仕入れに行ったんです」

「いよいよ開業ですね」

「地元に、おばあちゃんがやっている小さな花屋があって、そのおばあちゃんに、僕が想像する花屋のことを語ってたんです。看板はこうだとかとか、こういう内装だとか、でも、そんなこと全然できてないのに、お店は借りちゃった。そうしたら、おばあちゃんがバケツを五個くれたんです。『水とバケツがあればできるから』って」

「なるほど」

「でも僕としては、こんなバケツ嫌だなと思いつつ、とにかく店に並べたんです」

「結果は?」

「3,000円しか売れませんでした。看板も置いてなかったので、『ここ何屋?』って言われて、ダンボールに花屋って書いて、拾ってきた椅子を置いて」

「なんとか形にした」

「でも、9,000円赤字で、今日開店したけど、明日閉店かと思ったりしてました。それでも、とにかく椅子に座って、眠くなってしまったので花の入っていた箱の中で寝ていたら、お客さんが来たりして、そこから出て、まるで棺桶から出るみたいに」

「仕事の方はどうなりました?」

「雑誌で母の日特集の記事があって、それを切り抜いて、さも自分が出ているみたいに店に貼って、『母の日の注文承ります』と書いたら、仕事がきて、前金で貰って、なんとか1回目の家賃は払えました。でも、最初の1年は車で寝ていました」

「そうなんですか。お客さんは?」

「夜中の12時までやっていたんですが、そうすると風呂屋帰りのおじいちゃんが寄ってくれたり、酔っ払ったおじいちゃんがやって来たり。でもなんとか1年経って、次は、普通の一軒家を借りて、ドアを開けて入らないと何屋さんかわからないような場所にしました。それからは、自分がやりたいことだけをやろうと、ちょっと生意気になって、でも、だんだん客が来なくなって、そこは二年で止めます。それから僕は、アーティストになりたいんだと思って、アーティストは山の中に暮らして、そこで草花を積み、創作をするものだと、勝手に思って」

なんだか単純でありますが、この単純さと、すぐに動くというのが大谷さんの力でもあり、魅力であるように思います。

「それでどこに住むんですか」

「あんま山でもないけど、葉山に引っ越しました。そこでレッスンをしたり、お花の雑誌の仕事をしたり、化粧品の会報誌でお花をやったり、ヨーロッパのデザイナーが日本にくる時のお花の手伝いとかをしていました」

「じゃあ、売るより、作る方になったんですね」

「そうなんです」

「だんだん形になってきた」

「で、『湘南スタイル』とかが取材に来たんですけど、なんか錯覚してしまっていました。スカスカなんですよ。でも、どんどんやりたいことを突き進めていったら、またお金がなくなってきちゃって。その頃、葉山の奥様方が開いているサロンがあって、そこに年に何回か教えに行っていたんですけど、そこの方に、『あなた良いものを持っているけど、遊ばないから誰にも知られないのよ』って言われたんです。『うちの子供なんて、夜遊びで人脈作ってるから、飲みに行きなさい』って。でも、僕お酒飲めないんですって答えたら、『じゃあ、カフェに行けばいいじゃない』って言われて」

「そして外へ」

「でもその頃、家から出るのが嫌いだったんです。だから、カフェってどういう風に楽しむのかわからなくて、カフェの作法が」

「さてどうしましょう」

「それで、地元にハワイアンカフェがあったので、そこに行ってみたんです。ハワイなら自分も好きだから、いいかと思って、さらに、その日はお店がごった返していて、なんとか紛れ込むことができました」

「どうでしたか?」

「そこが楽しくて、通い始めるようになって、『お花やってるんです』と言ったら『ハワイにもあるんだよ』『花をつけて踊るんだよ』と教えてもらって」

ここで、大谷さんの現在の活動に近づいてきます。



次へ

ページトップへ