SWITCH INTERVIEW ――冨永昌敬「ダイナマイト心中」 〜後編〜

写真・浅田政志


前編はこちら

「映画館とかはいかなかったの?」

「映画館に行くのは怖かったんですよ。そのころウッチャンナンチャンの内村さんが、テレビの企画で、日大の映画学科を受けるというのをやっていたんです」

「あの人たちは、日本映画学校ですよね」

「そうですね」

なんだかややこしいですが、日本映画学校出身の内村さんが、日大の映画学科を受けるといったテレビ企画。

「そこで、映画の大学があるんだというのを知って、そこから日芸を目指しました」

「予備校は通ってたんですか?」

「サテライト授業ってあるじゃないですか。大きな画面に先生が映って授業する」

「はい」

「あれ生放送なんですよね。でも、自分は録画だと思ってたんです。それで、はじめて行ったとき、前の方に座ってたんですけど、なにも教科書を開いてなかったんです。そしたら、『君! 開きなさい』と画面の中かの講師に怒られて」

「録画だと思ってたのに」

「わけわからなくなって、恐ろしくなった。さらに、まわりの目が怖くて、恥ずかしくなって、行かなくなってしまいました」

「じゃあ、個人で勉強してたんですか」

「そうです。でも、よく受かったなって思いますよ」

「ビデオと勉強の日々ですね。でも、そのときに、好きな監督などを発見したんですか?」

「はい。大島渚、今村昌平、増村保造は、ビデオ屋にあった作品は全部見たんですけど、古い映画は名画座で見られるってことすら知らなかったんで、結局VHSで」

「そこで監督になることを決意した」

「というか受験のときに、とりあえず監督コースを選んだんです。それが意識したはじめです」

「学校に入ってみてどうでしたか」

「高校にも2つ行ったし大学も2つ目だったんで、ここで生きていけなかったらおしまいだと思ってましたね。自分で映画の本なんか読めるだけ読んで入学したんですけど、ほかの人たちのほうが映画見てなかった」

「冨永さんは、1年間のビデオ学習が凄まじかったですもんね」

「山奥から出てきた俺のほうが映画に詳しかったんですよ」

「一番映画に詳しい人は、どんな感じでしたか?」

「変な態度だったと思いますよ、『なんで大島観てないの』とか言ってた」

「すると、『冨永先輩教えてください!』とかなるんじゃない?」

「同期にひとり歴史家の私塾に通ってるやつがいて、そいつと仲よくしてたら、ほかの連中から『左翼だ』とか『右翼だ』とか言われました。どっちでもなかったんですけど」

「でも、映画に対しては、いろいろ詳しかったんですよね」

「知ってる気になってただけですね。映画館で映画見てなかったですもん。だから友達に誘われて映画館に行ったとき、びっくりしたんですよ」

「え?」

「VHSとの差に」

「そうか、それまでは、ビデオ学習のみだったか」

「はい」

その後、映画館でさらなる衝撃を受ける冨永さん。

「『アンダーグラウンド』を観たときに、ものすごい映画を観てしまったと思いました。シネマライズの最前列で、ちょっと見上げるような感じで観てたんです。それで、後ろの方を見ると、客もみんな興奮してるのがわかるんです」

「『アンダーグラウンド』は、映画自体の熱気もすごいですもんね」

「だからもう、VHSを見るのはやめようと思いました」

このような映画館体験をした冨永さんは、いよいよ映画を作りはじめます。

「そう、そのころは、だいぶ田舎者臭さが抜けてました」

「どんな感じで?」

「方言が抜けたら性格も変わってきたんですよ」

「どんな風に?」

「普通に映画館に、楽しい映画を見に行けるようになったんです」

「VHSの時代も終わり」

「はい。そのころ実家に不幸が続いたんですけど、そういうのがあって大人しくなって、逆に自意識が薄くなった気がします。そうすると気の合う友達も増えて、大学が楽しくなりましたね」

「それで、大学4年で卒業製作を?」

「はい。まず3年生で15分の短い映画をつくります。でもこれが難しくて。学内で作品を作るときには企画書にテーマを書けと。でもみんな20年しか生きてないから、描きたいテーマなんて持ってないんですよ。だから大学生や高校生が主人公の学園モノが多くなるんですね。だったら自分は違うことをしようと思って、誰も理解できなくてもいいからと、おどろおどろしいテーマを書いて提出しました」

「どんな話だったんですか?」

「雨不足で産湯が用意できず出産に失敗するという」

「反応は?」

「学内ではボロクソでしたけど、いまだに最高傑作と言う友達もいます」

次へ

ページトップへ