SWITCH INTERVIEW ――冨永昌敬「ダイナマイト心中」 〜前編〜

写真・浅田政志


冨永昌敬監督の映画、『素敵なダイナマイトスキャンダル』が公開されます。わたしはこの作品に、少しだけ出演させてもらっているのです。『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、末井昭さんの自伝本が原作で、末井昭さんといえば、若き日の荒木経惟さんが活躍していた伝説の雑誌、『写真時代』の編集長でした。この雑誌、あまりにも過激だったため、いろいろと大変なことがあり、映画には、そのような場面もたくさん出てきます。さらに末井さんが子供の頃、お母さんが、ダイナマイトで心中したことから、このような題名になっているのですが、そこからもう強烈なのです。

わたしは若い頃に、この本を読んでいたので、映画になると聞いたときは嬉しくて、さらに監督が冨永昌敬さんということで、こりゃ楽しみだと思っていたら、自分も出ることになったのです。それでもって、冨永さんが、『素敵なダイナマイトスキャンダル』を映画にしたいと、原作者の末井さんに話をしたのは、数年前、わたしが、末井さんと南伸坊さんと秋山道男さんで、なにやらヘンテコなトークショーをしたときだったらしいのです。

そんなこんなで、何の縁だか、よくわからないけれど、誘ってくださりありがとうございます。そして、映画完成おめでとうございます。わたしは、冨永監督の『ローリング』という作品がとても好きなのですが、冨永監督の作品は、どこか抜けているようだけど、社会をジッと見据えているような感じがするのですが、そのような作風は、今回も生かされているのではないかと思います。では、どのようにして、このような作風になったのか? そして冨永さんが、どのような感じで育ち、映画を作るようになったのか、訊いてみたいと思います。
(戌井昭人・記)


「冨永さんが生まれたのはどこでしょう?」

「愛媛県の山奥です。いまは合併して内子町というところになってます。大江健三郎さんが生まれたのが同じ内子の大瀬なんですけど、ぼくの家は、さらに奥へ行きます」

「山間部なんですか?」

「でも、中途半端な高さの山ばかりで、強いていえば、四国なのにスキー場があるってところです」

「名産は?」

「椎茸があります。それで、その椎茸の出汁のうどんがあるんですけど、あんまり美味くないんだな」

なんだか、いろいろボヤけているような町なのかと思っていたら、内子町で大きな川の蟹を食べたことがあると、スイッチ編集長の新井さんが話します。かぼちゃと茹でてで臭みを抜いて食べるのだとか、「おいしかったですよ」と新井さん。冨永さんが言うには、そのカニは、ツガニというものらしいのです。美味そうだな、ツガニ。

「じゃあ、山や川で遊びまわってた感じですかね」

「小魚釣ったり、泳いだりしてました。とにかく、それしかなかった」

「冨永さんの実家は、どんな商売してたんですか?」

「旅館だったんです。泊まるのはお線路の人か、昭和の頃に計画されてまだ終わっていない工事があって、その工事をしに来た人たちです」

「いまも営業してるんですね」

「はい。でも部屋数は少ないので、ひとつの業種では食えないから、うちの父は以前、スナックをやっていました。でも、もう閉めて、いまは弟夫婦が、近所でうどん屋をやってます」

「椎茸出汁の?」

「いえ、弟は讃岐に修行に行ったので、そのようなうどんを出してます」

旅館が実家というのは、なんだかワクワクしそうな感じもしますが、冨永さんの場合は、どうも違ったらしい。

「子供の頃は、泊まりにくる人たちを見ながら育ったわけですよね。毎日、いろんな人に会えて刺激がありそうな感じがしますが」

「まあ、いま思うと面白い環境だったのかもしれないけれど、当時は嫌でした。旅館は建て増しをしてて、一番古い部屋は、明治の頃。だから、ちょっと建てつけが悪くて、そこに、工事の人や、お遍路さんの人が泊まっていました。それで、旅館の敷地内にスナックがあって、その上が宴会場なんです。町の人が二階で宴会してて、スナックでは、担任の先生がカラオケを歌ってるんです。さらに、たまに酔った担任が部屋に上がってくるんです。それで居間でテレビを見てたら、『勉強せんか!』ってベロベロな状態で言われて」

「多感な時期に、まわりがガヤガヤですね」

「本当に嫌だったなぁ。でもね、町がだんだんさびれてきて、客も少なくなってきたんです」

「さびれていく様子を見るのは、さみしくなかったですか?」

「いや、ぼくにとっては良かった。過ごしやすくなっていったんです」

「どうしてさびれていったんですか?」



次へ

ページトップへ