SWITCH INTERVIEW ―― 優河「抹茶、オレオクッキー、ラズベリー」 〜後編〜

写真・浅田政志


前編はこちら



高校に入ってボイストレーニングをはじめた優河さん、どのような感じだったのでしょうか。

「ボイトレは吉祥寺で?」

「東小金井です」

「吉祥寺から少し離れましたね」

「はい」

「でも近いし、都心方面では無い」

「そうなんです」

「他には、何をしてました」

「あとは、ずっと遊んでました」

「遊びは中学と変わらず?」

「そうですね」

「カラオケ、ゲーセン、喫茶店」

「ちょっとメンバーが変わったくらいかな」

「カラオケで、『これ歌ってよ』とかならなかったんですか?」

「でも、わたしが歌うと、静まっちゃうんですよ。盛り上がらない。だからあまり歌いたくなくて。それが嫌だったんです」

学校の皆を、シーンとさせてしまったくらいの歌声。

友達とワイワイやってるカラオケで、優河さんが歌うと、いったいどんな風になってしまうのだろう。覗いてみたい気もします。


「ボイトレの成果は?」

「音域が広がって行くのがおもしろかった。先生にも、もっとやれば、もっと出るよって言われて」

「そうすると、さらにカラオケで静まり返っちゃうかもしれない」

「はい。でも自分では、歌が上手いとか思ったこともなくて」

「良い声だとも?」

「はい、良い声ってのがわからない、みんな同じ声だと思ってました」

「そうなんですか」

「というか、あまり音楽に興味がなかった。バンドも人に言われてやってたし、ボイトレも母に言われてだし。だから自分がこの音楽好きというのが、いまでもあまりなくて。なんだろう。音楽に対して、この人の声が良いとか、歌詞が良いとか、そういうことがまったくわからなかったんです」

吉祥寺でおしゃべりをして、楽しく過ごしていた高校時代の優河さん。しかし高校生二年生のころ。

「高校二年生のときに留学して、オーストラリアに一年行ってました。そこで音楽の授業があって、ギター弾いて歌ってる女の子がいたんですけど、彼女を見て可愛いな、格好いいなと思って、わたしもギターをポロポロって弾きはじめたんです」

「そんな感じで、楽しそうな留学生活が」

「でも、ホストファミリーとうまくいかなくなってしまって」

「どのようにうまくいかなくなったんですか?」

「半年間無視されてたんです」

「半年も!」

「最初の半年は良かったんですけど」

「どうしてそうなってしまったんですか?」

「ホストマザーのお母さんが亡くなったんです。そのときからホストマザーが、精神的に不安定になって、わたしに対して素っ気なくなったんです。それを見たホストシスターの双子が、お母さんの真似をして、無視をはじめて」

「それはキツイですよね」

「辛かったので、ホストをチェンジすることもできたんです。相談役の人がいて、その人に相談すればよかったんですけど、その相談役の人が、わたしに、『他の子が、チェンジしすぎる』って話してて、何も言えなくて」

「困りました」

「でも学校は楽しかったんです。それに『いま辛い状態なんだ』って、先生や友達に話してたから、英語は上手くなりました」

「留学を終えて日本に戻ってきたら、どうでした?」

「あまり元の友達と話せなくなってました。だから『優河変わったね』って、友達に結構言われてました。でも変わりますよね」

「そうですよね」

「それで日本に帰ってきたのが、ちょうど三学期で、うちの学校は、その時期、受験のための期間で授業が無いんです、だから学校にも行かなくて、外にも出なくて、家でずっと泣いてるという時期が三カ月くらいありました。さらに、お兄ちゃんも妹も留学してたんで、家では、はじめて一人っ子状態になって、赤ちゃん返りみたいになっちゃったんですね。親に甘えられる、わがまま言いつくせるって。そして泣き尽くしてたら、いまの優河が誕生したんです」



次へ

ページトップへ