SWITCH INTERVIEW ―― 優河「抹茶、オレオクッキー、ラズベリー」 〜前編〜

写真・浅田政志


お会いする数週間前、いつも優河さんのCDを聴きながら、作業をしたり、ご飯を食べたりしていました。その歌声を聴いていると、清流が流れているような気持ちになり、部屋の隅々まで歌で満たされると、優河さんが、そこにいるような気がしてきました。しかし、その声を辿っていくと、どんどん遠くにいってしまう。そんな奥行きのある歌声。森の奥、海の底、空の果てへ、迷いこんでしまったような気持ちにもなってくる。本人は、そこにいるのだけれど、近づけない。このような感じで、CDを聴きながら数週間経ち、実際の優河さんに会うことになりました。 わたしは緊張していました。歌声を聴いて、なかなか近づけないような気がしていたからなのです。

現れた優河さん、挨拶をすると、あの声で「こんにちは」。勝手に感動してしまいました。さらに声に集中すると、なんだか、アッチの世界に連れていかれそうになりました。でも優河さん、あの声で、実はとても気さく、いろいろと話してくれました。その話は、別に奇をてらっているのではなく、あくまで吉祥寺ローカル。優河さんの声で、「井の頭公園」「いせや(吉祥寺の焼鳥屋)」と発せられただけで、そこが、とても素敵な場所になるような気がしました。どちらも実際に良い場所なのだけれど、井の頭公園の池が透明になり、いせやの便所に清流が流れている感じがするのでした。
(戌井昭人・記)


「生まれたところは?」

「東京都の中野区です」

「育ったのも?」

「育ったのは吉祥寺です」

「すると遊びはもっぱら井の頭公園ですか」

「そうです。記憶がそこしかない。学校も吉祥寺だったんで、ほとんど吉祥寺から外に出ないで過ごしていました」

「井の頭公園以外で、他に行ってた場所は?」

「吉祥寺のゲーセンとか」

「ゲーセン?」

「吉祥寺の伊勢丹の前に小道があって、そこにあるゲーセンによく行ってました。あとは伊勢丹の屋上とかに」

「幼稚園の頃は? どんな遊びをしていましたか」

「両親が共働きだったので、家にシッターさんがいて、妹とシッターさんとわたしで、飛行機ごっこというのをやってました」

「飛行機ごっこ?」

「幼稚園とかにある、木の椅子あるじゃないですか、あれを一番前に置いて、二番目に背もたれのある椅子を置いて、三番目にソファーを置いて、エコノミークラスからファーストクラスになっているんです」

「椅子の良し悪しで、クラスが違う」

「それで、ファーストクラスだったら、そこに座るのに似合った名前を自分でつけて」

「ファーストクラスは、どんな名前?」

「たしか、みどりって名前だった。それで、お菓子を持ってきてもらったりして」

「みどりは、ファーストクラスだから態度も大きい」

「そうです」

「客室乗務員は?」

「それはエコノミーの人がやってました」

「エコノミーの人は大忙しですね」

「はい。そういう遊びをしてました。それが一番印象的な遊びだったかも」

「小学校の頃の印象的な出来事とかありますか」

「一度、女の子と取っ組み合いをして、鎖骨にヒビが入ったことがあります。四年生だったと思います」

「どうして取っ組み合いに?」

「その女の子がK−1が好きで。『優河やろうぜ』って感じになって、やられたんです」

「蹴りをくらったんですか」

「いえ。『ガンッ』て、押されて鎖骨がビリビリと。でも折れてはなかった」

プロレスごっこの延長みたいなものですけれど、男勝りというか、男子の遊びのような気もします。

「活発で体を動かすのは好きだったんですね」

「授業中とかは、あまり手をあげたりはしなくて、おとなしかったけど。男の子を追いかけまわしたりはしてました」

「どんな感じで追いかけてたんでしょうか」

「オラ〜って」

「オラ〜って本格的じゃないですか」

「お母さんがPTAで打ち合わせをしているとき、『オラ〜、オラオラ待ちやがれ』って声が聞こえてきて、ふと見たら、わたしが男の子を廊下で追いかけていたんですって」

「凄まじいですね」

「だから母には、『あのときは本当に恥ずかしかった』と、いまだに言われます」

「習い事とかは?」

「ピアノです。でもいまは弾けません」

「他には?」

「英語のクラスに通ってました」

「家の近くですか?」

「吉祥寺。だから小学生くらいのときは、電車に乗った記憶がほとんどないんです」

「ぜんぶ吉祥寺ですね。でも、なんでもありますもんね吉祥寺は」

「そう、そこから出なくて良い。そこで全部完結できるんです」

「自転車で遠出とかもしてない?」

「してないですね」



次へ

ページトップへ