SWITCH INTERVIEW ―― ユースケ・サンタマリア「一年坊主、二年角刈り、三年自由」 〜前編〜 

写真・浅田政志


ユースケ・サンタマリアさんとは、今回のスイッチインタビューをする前に、一度お会いしたことがありました。それは2013年に行われた、シティボーイズの公演『西瓜割りの棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を』に、わたしが出演していたときで、公演の後、ユースケさん(サンタマリアさんを、以降省略させていただきます。すみません)が楽屋に来てくださり、共演していた、いとうせいこうさんが「戌井くん」と、ユースケさんに紹介してくれたのでした。

そのときユースケさんに、「戌井さん知ってますよ。『情熱大陸』観ました」と言われたのですが、まさかユースケさんが、わたしのことを知っているなどと思ってもいなかったので、嬉しいような、恥ずかしいような気持ちになりました。それで、いとうせいこうさんに「ユースケさん、どういうわけか自分のことを知ってましたよ」と話すと、「ユースケは、そういうのいろいろ知ってるんだよ」と話していました。

そこでユースケさんは、どのようなものが好きで、どのような感じで、いままで活動してきたのか、興味深く思っていたのです。そんなこんなで、今回、お話をしていたら、テレビで見る、明るくて面白いユースケさんを垣間見せながら、その奥に、なんだか凄みのようなものが見える気がしました。ちなみに、ユースケさんは、末井昭さんの本『絶対毎日スエイ日記』が好きで、何度も読み返し、トイレに入るときはページを適当に開いて読んでいるとのこと。ではユースケさんの、なんだかわからないけれど凄みを感じさせるインタビューをどうぞ。
(戌井昭人・記)


「ぱっと思い返しても、子供の頃の記憶は、あんまり無いんですけど」

「でも皆さん喋ってるうちに、だんだん思い出してきますよ」

「そうですかね」

「で、生まれたところは?」

「大分県、大分市、芦崎ってところです」

「海の方ですか?」

「海です。うちの母方は漁師をやっていて、歩いて一分くらいで海でした。そこは道幅が狭くて車も入って来れないところで、火事になったら大変なようなところでした」

「学校へはその狭い道を」

「そこが通学路でした。いま考えたら凄いところだったな」

「海が近いから、遊びは、海に飛び込んだり」

「いや、海が汚くて。ちょっと行って、テトラポッドのある立ち入り禁止区域は綺麗なんですけど。だから海で遊ぶ時は投げ釣りでした。小学校の低学年のときに海釣りブームがありまして」

「『釣りキチ三平』とか」

「それはもうちょっと前で、『コロコロコミック』でやってた、『釣りバカ大将』とかの影響です」

ユースケさんとわたしは、ほぼ同学年で、当時の小学生は「コロコロコミック」の影響が多大でした。「あとは『ゲームセンターあらし』の“炎のコマ”とか」「お母さんがボインで、おっぱいゆらして」「歯でボタンを押したり」などなど話は尽きず。他にも「少年ジャンプ」の影響も多大だったことを話すと、「ジャンプはもう買ってないでしょう?」とユースケさんが訊いてきました。「はい、さすがにもう買ってません」。

「俺は、いまだにジャンプを買ってます。自分でも馬鹿なんじゃなんかと思ってますけど、『ワンピース』とか最初から読んでるから止められない。いまは三つくらいしか連載を読んでないんだけど、まさか四十六歳になって『少年ジャンプ』を買い続けてるとは、当時の俺も思ってなかったです」

「子供のころは、煙草屋がジャンプを早く売り出すとかで買いに行ってました」

「酒屋とかね。金曜日に売り出したりして、でもいまは普通に月曜日に買ってます。なんだか前より待ち遠しくないんだけどね」

「でも買ってしまう」

「そうなんです」

「話は戻りまして、釣った魚は食べてたんですか?」

「食ってました。自分でさばいたりして、あとは焼き倒して」

「焼き倒し」

「そう。焼き倒したなら大丈夫かと。キスとか釣れました。あと、ボラとか食ってました。本当は、ボラなんて食わないでしょ?ボラを釣る針は四つの返しがあって、そこに丸めただんごの餌を付けるんだけど、あの針は危なかった」

「どんな風に危なかったんですか?」

「友達が投げた針が、いつまでたっても海に浮かばないんで、『お前の針どこだ?』って言ったら、後ろにいた酒屋の息子の友達の太ももに刺さってて、針は返しがあるから取れなくて、病院で切ってもらったりしてました」

「危ない」

「いま思えば危険ですよ」

危ないことがありつつも、子供時代は、元気に海で遊んでいた様子のユースケさんですが。




次へ

ページトップへ