SWITCH INTERVIEW ―― 垂見健吾「南方のタルケンさん」 ~前編~ 

写真・浅田政志


髪の毛を頭のてっぺんでちょこんと結び、ビーチサンダルに、短パン姿で現れた、南方写真師タルケンさんこと垂見健吾さん、今回、初めて会うのだけれど、随分前から知っているような感じがして、とても楽しい気持ちにさせてくれました。その日、タルケンさんは沖縄からやって来て、お土産に、パイナップルを持ってきてくれまして、このパイナップルが美味しかった。「うまいうまい」言いながら食べていると、「そうだろう」とニコやかな顔をしております。タルケンさんと話していると、とても心地が良くて、これは旅先で知らないおじさんと仲良くなって、楽しく酒を飲んでいるような、あの感じに似ていると思いました。それでは、長野県の山の中で生まれ、現在は沖縄在住約三十年、どこに居ても、すでにそこに居るみたいな、タルケンさんの魅力を探っていきます。
(戌井昭人・記)



「お生まれはどこですか?」

「長野県、信州、木曽谷です」

「山の中ですね」

「そうです。岐阜県の県境まで五キロくらい、走っていけちゃう。中津川フォークジャンボリー、あそこの近く。山に囲まれて、日本のチベットとか言われてたからね。とにかく山ばっかだよ」

「その山の中で、タルケンさんは元気に育った」

「猿と遊んでたから。柿食って、猿に石投げて」

「猿と喧嘩してたんですね」

「猿はさ、背中を見せると攻撃してくるから、学校の行き帰りとか大変だよ。とにかく走りまわってた。蜂の子を捕ったり。網で鳥を捕って、羽むしって焼鳥にして食ってたな」

「野生児ですね」

「それくらいしか、動物性タンパク質がなかったから」

「他には、どんなものを食べてましたか」

「ヤギの乳だね。でも乳搾りをやってると蹴ってくるんだよ。子ども心に怖かったな、ヤギは」

「実家は、なにか商売をやってたんですか」

「祖父と父の代まで製材業をやってた。山だからね」

「山から木を伐って、角材とかにするんですか?」

「そう、板材にしたり」

現在は沖縄在住ですが、昔は、とにかく生粋の山っ子だったタルケンさん。

「山は、Vの字になってるでしょ」

「Vの字?」

「Vの底に川が流れて、谷になってる」

「はい」

「だからさ、九時くらいに陽が昇って、四時には沈んじゃうんだ」

「山に遮られてるから、陽が昇るのが遅くて、沈むのは早い」

「そう。日中が短いんだ」

そんな短い日中を惜しむかのように、遊びまわっていた垂見さん。

「『ギャートルズ』って漫画あったでしょ」

「はじめ人間、ゴゴンゴーンですね」

ギャートルズとは、骨ついた大きな肉をいつも食べているのが有名な、原始時代の人間を描いたギャグ漫画です。

「そうそう、まさしくはじめ人間、アレだったよ。肉をぐるぐるしなかったけど、魚をぐるぐるしてた。魚は手づかみでね」

「遊びと狩りが直結してる感じですね」

「そうだね。あと、蜂の子捕るのは、とにかく面白かったね」

「どんな風に捕るんですか?」

「子ども達だけじゃ捕れないんで、おじきとか兄ちゃん達と一緒にやるんだ。まず蛙を捕まえて、モモを裂いて、ササミ状の繊維質のところを真綿につけるんだ。それを伸ばして置いておくと、蜂がやってきて、食うんだ」

「それを食べた蜂が飛んでくと真綿がついたままんでですね」

「そう。その蜂を子ども達が追いかけるんだ。で、兄ちゃんたちが、後ろからやって来て『どこ行った?』って、そこに蜂の巣がある」

「それから?」

「次は新聞に火をつけて、セルロイドに火をつけて、巣のある穴の中に入れちゃうんだ」

「燻すんですね」

「そう。すると蜂は、ほとんど仮死状態になるの。でも巣に帰ってくる蜂もいるから、そいつらに注意しなくちゃいけない。で、何分か燻して、掘り出して、ビニールに入れて持ち帰る。でも蜂がついてくるんだ、それを避けながらね」

「逃げるんですね」

「みんなバラバラに逃げるんだ。まとまって逃げると攻撃されるから」



次へ

ページトップへ