【特別イベント】「Storytelling Night with Bob Sam - ボブ・サムと過ごす神話の夜 -」

2016.9.20@RainyDay Bookstore&Cafe

Coyote 『星野道夫の遥かなる旅』 発売記念

Storytelling Night with Bob Sam
- ボブ・サムと過ごす神話の夜 -

出演
ボブ・サム
赤阪友昭

星野道夫が追いかけたワタリガラスの神話、その水先案内人であったボブ・サムがRainyDay Bookstore&Cafeにやってきます。
星野は亡くなる前の年にボブ・サムとハイダ・グワイを訪れています。古いトーテムポールとそれらを見守り続けるハイダの人々に出会い、二人は朽ち果てる行方を確かめようと二十年後の再来を約束します。しかし、翌年に星野がこの世を去り、約束は果たされることなく二十年が経ちました。あの旅のこと、そして星野道夫に見せた神話の世界を、ボブ・サムがふたたび語ります。ナビゲーターは今回のコヨーテでハイダ・グワイの特集を取材した赤阪友昭です。
この貴重なイベントにぜひお越しください。

<プロフィール>


photograph by Okochi Tadashi

Bob Sam(ボブ・サム)
アラスカ先住民族クリンギット。墓守・ストーリーテラー。
ワタリガラスの家系でドッグ・サーモンの氏族。クリンギットの長老たちから神話の語り部として選ばれ、30年以上にわたり世界各地でストーリーテリングを行う。写真家・星野道夫と親交が深く、その出逢いは『森と氷河と鯨』(星野道夫著/世界文化社)などにも描かれている。日本との交流も深く、多くの地域を長年にかけて訪れている。著作に『かぜがおうちをみつけるまで』ボブ・サム(著)/谷川俊太郎(訳)/下田昌克(絵)(スイッチ・パブリッシング刊)がある。

赤阪友昭(あかさかともあき)
1963年大阪生まれ。写真家。雑誌『Switch』や『Coyote』などに写真・文章を寄稿。北米海岸の先住民族と過ごした時間を一冊にまとめた写真集『The Myth -神話の風景から-』がある。現在は、山に残された原初の信仰、縄文文化や祭祀儀礼を取材。また、福島県立博物館の被災地支援のプロジェクトに関わり、会津と南相馬を拠点に撮影を続けている。

●定員に達しました

日程 2016年9月20日(火)
18:30 OPEN
19:00 START
会場 Rainy Day Bookstore & Cafe
東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F
参加費 2,000円(別途ドリンク代)
申込方法 タイトルを「【9/20 ボブ・サム&赤阪友昭 トークイベント】」とし、氏名・年齢・ご連絡先・参加人数を下記アドレス宛にお送りください。
追って、こちらからご連絡いたします。
rainyday_info@coyoteclub.net



Coyote No.59 特集:星野道夫の遥かなる旅

北の地に魅せられた星野道夫。
そこには悠久の自然と、その土地に生きる人々がいた。
彼らには厳しい自然と寄り添って生きるための、
智慧としての物語が数多く伝承されている。
星野道夫が亡くなって20年、
北の地の自然と神話の世界に分け入った彼の旅の軌跡を辿る。

本の詳細はこちら
http://www.switch-store.net/SHOP/CO0059.html



EVENT

ページトップへ