COYOTE No.34 (星野道夫 たったひとりのアラスカ)

星野道夫 たったひとりのアラスカ

たったひとりアラスカの荒野に生きる。
圧倒的な厳しい自然に対峙するのではなく、
その懐に抱かれること。そこで生きる叡智を学ぶことからはじまる。
アラスカの荒野に生きる人々、狩猟民の姿そのものの彼らから、
森の大切さ、川の恵み、星の意味、そして潮の流れ、風の匂い、夜の闇について教えてもらう

2008年12月10日発行

COYOTE No.34 (星野道夫 たったひとりのアラスカ)

価格:

1,512円 (うち税 112円)

購入数:

在庫

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ story 『火を熾す」[1902年版]__ジャック・ロンドン 訳=柴田元幸
■ dialogue 悠久の原野に川は流れる 対談 星野道夫×トム・ウォ--カー
■ アラスカ原野の暮らし 極北の大地に流れる二つの物語
  lifestyle document1 死にゆく者の祈り__文=新井敏記
  lifestyle document2 狩猟の匂いの記憶__文と写真=赤阪友昭
■ 極北を記憶する
■ 絵本『熊になった少年』『今はなき大地を偲ぶ島梟の嘆きの歌』__作=池澤夏樹 絵=坂川栄治

第2特集 旅する木 星野道夫トーテムポールが立つ
■ document 星を継ぐ者〜FORGET ME NOT〜__文と写真=新井敏記
■ トーテムポールを立てるまでの道程__文と写真=赤阪友昭
■ トーテムポールが立った日 文=成瀬洋平
■ dialogue 星野道夫のたくさんの不思議 対談 池澤夏樹×ボブ・サム
■ トーテムポールに集う仲間たち__絵=下田昌克
■ 料理家 枝元なほみがアラスカの食卓を囲む
■ guide 1.森と海とトーテムポールの町!シトカ
■ アラスカの自然により深く分け入るための16冊

<その他のラインナップ>
・鼎談
〜スチュアート・ダイベックと語るシカゴと武満徹と沈黙〜
スチュアート・ダイベック × 小沼純一 × 柴田元幸
<連載>
・travel essay 第4回
「旅のたのし味」 四方田犬彦
・Voice Scrap 第4回 蜂飼耳
・大野陽子「古董道中」 第4回 闇を照らす灯り
・坂口恭平「ハロー!ワークス」 第4回 玉姫公園のドロボウ市
・ホンマタカシ Our Garden17
・柴田元幸翻訳叢書[EXPLORING OLD LITERARY FOREST]
 第7回 バーナード・マラマッド 『喋る馬』 絵=手塚リサ
・最初の一歩 第34回 澤田知子
・瀬戸照「山水踏日」 第20回

ページトップへ