角田光代『いきたくないのに出かけていく』


好評発売中の『大好きな町に用がある』に続く第2弾。
ブッダガヤ、台北、バルセロナ、香港、メキシコシティ、バリ――
めくるめく旅の記憶を綴ったエッセイ集


雑誌「SWITCH」で5年間にわたり角田光代が綴った、トラベルエッセイ連載「オリオリ」の書籍化第2弾!!
全 28 篇のエッセイの中に、作家・角田光代の旅の視点が詰まった、夏の旅情を誘う珠玉のエッセイ集です。



2019年6月28日発売
ISBN:9784884184698
160ページ 四六判

角田光代『いきたくないのに出かけていく』

価格:

1,728円 (うち税 128円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら


*こちらの商品は予約商品になります。
*商品は通常DM便での発送となります。
*お住まいの地域によっては、商品の到着まで3〜4日程お時間をいただく場合がございます。




関連商品

在庫   ○
購入数

角田光代『大好きな町に用がある』

1,728円(うち税 128円)
角田光代は旅をする人である。
移動を駆ることで物語のモチーフを紡いでいく作家である。
彼女が育んだ風景や出会った人々の美しい吐息がエッセイとなったーー


雑誌「SWITCH」で5年間にわたり角田光代が綴った、
トラベルエッセイ連載「オリオリ」が待望の書籍化!!

全27篇の中に角田光代の旅の視点が詰まった、
平成最後の春におくる、珠玉のエッセイ集です。お楽しみに。

ページトップへ