モービー・ディック・イン・ピクチャーズ 全ページイラスト集



不朽の名作『白鯨』に552点の絵を描いた
奇才マット・キッシュ×翻訳家・柴田元幸が贈る
新しい文学のかたち



2015年12月20日発行予定

モービー・ディック・イン・ピクチャーズ 全ページイラスト集

価格:

2,268円 (うち税 168円)

ギフトラッピング:
本やグッズの贈り物に。ギフトラッピングの無料サービス承ります。
購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

592ページ / 四六判 / 並製

*こちらの商品は通常メール便での発送となります
*住まいの地域によっては、商品の到着まで3〜4日程お時間をいただく場合がございます。

*年末年始の商品発送業務、お問い合わせ対応の休業に関するお知らせをお読みください↓
http://www.switch-store.net/hpgen/HPB/entries/138.html



 ある日、図書館員マット・キッシュは、自分がいちばん愛する小説、ハーマン・メルヴィルの『白鯨』の全ページにイラストをつけることに決めた。シグネット・ペーパーバッ ク版を使えば552ページ、毎日一枚、デジタルではなく、紙やインクを使って作り、そのページの核となる一文、一フレーズを添える。それは芸術への欲求を満足させるための、純粋に愛の行為だったーー(柴田元幸 MONKEY Vol.3より)
 アメリカ文学史上の最重要作品と言われ、時代をこえて読み継がれてきた『白鯨』が、迫力と独特のユーモアのある絵と、名翻訳家・柴田元幸の翻訳によって生まれ変わりました。圧倒的な想像力による絵と文学の競演をお楽しみください。


マット・キッシュ Matt Kish
1969年生まれ。オハイオ在住。カフェテリア料理人、病院受付、書店長、英語教師などを経て図書館員に。2011年に本書を刊行後、2013年にコンラッドの小説『闇の奥』に絵を描いた Heart of Darkness を刊行。現在は自身のウェブサイトやFacebook、展覧会で作品を発表し続けている。
http://www.spudd64.com/

柴田元幸 Motoyuki Shibata
1954年生まれ。翻訳家。東京大学特任教授。著書に『アメリカン・ナルシス』『ケンブリッジ・ サーカス』など。訳書にオースター『幽霊たち』、ダイベック『シカゴ育ち』、ミルハウザー『ある夢想者の肖像』など多数。編訳書に『ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース』などがある。現在、文芸誌「Monkey」の責任編集を務める。


関連商品

商品を見る

ジャック・ロンドン『犬物語』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
柴田元幸翻訳叢書 待望の新刊!生か死か、勝つか負けるか、犬か人かーー。第1弾『火を熾す』から9年、満を持して贈る『犬物語』は極北の大地を舞台に犬を主人公にした物語集。代表作「野生の呼び声」を含め、柴田元幸が精選・翻訳した珠玉の5篇。
在庫   ○
購入数

『アメリカン・マスターピース 古典篇』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
柴田元幸が長年愛読してきたアメリカ古典小説から選りすぐった、究極の「ザ・ベスト・オブ・ザ・ベスト」がついに登場!ホーソーン「ウェイクフィールド」、メルヴィル「書写人バートルビー」、O・ヘンリー「賢者の贈り物」......アメリカ古典文学の途方もない豊かさを堪能できるアンソロジー。ポー「モルグ街の殺人」、ヘンリー・ジェイムズ「本物」の豪華訳し下ろしもたっぷり収録の、贅沢極まりない傑作集
在庫   ○
商品を見る

ジャック・ロンドン『火を熾す』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
ジャック・ロンドンは小説の面白さの原点だ。短編小説の名手、ジャック・ロンドン。バラエティーと意外性に満ちた作品群のなかから、柴田元幸が9篇を精選、読者に贈る
在庫   ○
購入数

バーナード・マラマッド『喋る馬』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
底抜けに哀しく、可笑しい。
在庫   ○
購入数

柴田元幸『ケンブリッジ・サーカス』

1,944円(うち税 144円)
柴田元幸、初のトラベルエッセイ集
在庫   ○
商品を見る

テッド・クーザー×ジョン・クラッセン×柴田元幸『木に持ちあげられた家』

2,052円(うち税 152円)
過ぎていく時間の愛おしさ、自然の圧倒的な不思議さと力強さを描いた絵本。
絵を手がけたのは世界各国で人気の絵本作家ジョン・クラッセン。作者はアメリカを代表する詩人、テッド・クーザー。翻訳は翻訳家で、文芸誌MONKEYの責任編集を務める柴田元幸。
一軒の家と木々、かつてそこに暮らしていた人々をめぐる、シンプルで味わい深い作品
商品を見る

MONKEY vol.13 食の一ダース 考える糧

1,296円(うち税 96円)
「食」をテーマにした短篇小説特集。食欲の秋、読書の秋、芸術の秋が一度に味わえる、読めば忘れられない美味をお届けします。11名の気鋭作家陣による「食」をテーマとした短篇小説やボブ・ディラン「ノーベル文学賞スピーチ全文」、前号で大好評だった柴田元幸による「日本翻訳史 明治編後篇」も一挙掲載!
在庫   ○
購入数

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

1,512円(うち税 112円)
いつかはやろうと思っていて、とうとうやってしまった翻訳特集。
村上春樹+柴田元幸による翻訳講義「本当の翻訳の話をしよう」&対談「翻訳の不思議」、
小沢健二エッセイ「日本語と英語のあいだで」などを一挙掲載!!
商品を見る

MONKEY vol.11 ともだちがいない!

1,296円(うち税 96円)
独りでいることを強みとした作品を収録。また特集以外では、2月の長篇刊行が発表された村上春樹が、10月にアンデルセン文学賞を受賞した際に行なったスピーチの全文(日本語と英語)を本邦初掲載!
商品を見る

MONKEY 年間定期購読 2年間(6冊)

通常価格(1296円×6冊): 7,776円(税込)
5,800円(うち税 430円)
柴田元幸責任編集の文芸誌「MONKEY」を毎号あなたのお手元にお届けします。
ご自宅はもちろん、オフィスやショップに毎号発売日(2月15日、6月15日、10月15日)にはお届けしますので、買い逃す心配もなく安心です。送料も無料!
特別価格5,800円/通常価格より<25%OFF>
*2年間の定期購読特典*松本大洋さんのイラストが表紙のMONKEYオリジナルノート付き!
在庫   ×

COYOTE No.26 (柴田元幸 文学を軽やかに遊ぶ)

1,512円(うち税 112円)
柴田元幸を通して、文学の軽やかな遊び方を学ぶ
在庫   ×

COYOTE No.21 (柴田元幸が歩く、ポール・オースターの街)

1,512円(うち税 112円)
柴田元幸が歩く、ポール・オースターの街

ページトップへ