柴田元幸『ケンブリッジ・サーカス』

柴田元幸、初のトラベルエッセイ集

20年来の友人でもある作家ポール・オースターに会いにニューヨークへ。大学時代に暮らしていたロンドン、思い出深い音楽の街リバプールへ。米国に移住した実の兄を訪ねてオレゴンのスモールタウンへ。シカゴ在住の作家スチュアート・ダイベックと共に、柴田が生まれ育った東京・大田区六郷の路地裏へ。これまで Coyote の特集で世界中を歩き、綴った紀行文を中心に、柴田が現在も教鞭を執る東京大学本郷キャンパスを舞台にした書き下ろしを加えた一冊

2010年4月2日発行

柴田元幸『ケンブリッジ・サーカス』

価格:

1,944円 (うち税 144円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

目次

○ 六郷育ち(東京)
○ 僕とヒッチハイクと猿 (ロンドン・リバプール)
○ ポール・オースターの街(ニューヨーク)
○ 少年の旅(ポール・オースターとの対話)
○ 兄とスモールタウンへ(オレゴン)
○ スチュアート・ダイベックと京浜工業地帯を歩く(東京)
○ 東大・本郷キャンパス迷走中(東京)

あとがき

(特別付録)夜明け

...............................................................................................................................

 キャヴァーンには行くなよ、ぼられるだけだから、と彼は、それまでの卑屈さとはうって変わって、これだけは人生でただひとつ確かなことだと言わんばかりにきっぱりと言った、そして、僕はずっと一緒に初めてにっこり笑った。
 キャヴァーンとはむろん、ビートルズが出演していたことで有名なクラブである。
 うん、行かない、と僕は言った。__「僕とヒッチハイクと猿」より

関連商品

在庫   ○

ジャック・ロンドン『火を熾す』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
ジャック・ロンドンは小説の面白さの原点だ。短編小説の名手、ジャック・ロンドン。バラエティーと意外性に満ちた作品群のなかから、柴田元幸が9篇を精選、読者に贈る
在庫   ○

バーナード・マラマッド『喋る馬』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
底抜けに哀しく、可笑しい。
在庫   ×

アーネスト・ヘミングウェイ『こころ朗らなれ、誰もみな』(柴田元幸翻訳叢書)

2,592円(うち税 192円)
ヘミングウェイの決定版19篇!
『清潔な、明かりの心地よい場所』『殺し屋たち』『君は絶対こうならない』『死者の博物誌』……誰よりもシンプルな言葉で、誰よりも深い世界を描く。柴田元幸の新訳で贈る、まったく新しいヘミングウェイの短編集
在庫   ×

『アメリカン・マスターピース 古典篇』(柴田元幸翻訳叢書)

2,268円(うち税 168円)
柴田元幸が長年愛読してきたアメリカ古典小説から選りすぐった、究極の「ザ・ベスト・オブ・ザ・ベスト」がついに登場!ホーソーン「ウェイクフィールド」、メルヴィル「書写人バートルビー」、O・ヘンリー「賢者の贈り物」......アメリカ古典文学の途方もない豊かさを堪能できるアンソロジー。ポー「モルグ街の殺人」、ヘンリー・ジェイムズ「本物」の豪華訳し下ろしもたっぷり収録の、贅沢極まりない傑作集
在庫   ○

テッド・クーザー×ジョン・クラッセン×柴田元幸『木に持ちあげられた家』

2,052円(うち税 152円)
過ぎていく時間の愛おしさ、自然の圧倒的な不思議さと力強さを描いた絵本。
絵を手がけたのは世界各国で人気の絵本作家ジョン・クラッセン。作者はアメリカを代表する詩人、テッド・クーザー。翻訳は翻訳家で、文芸誌MONKEYの責任編集を務める柴田元幸。
一軒の家と木々、かつてそこに暮らしていた人々をめぐる、シンプルで味わい深い作品
在庫   ○

MONKEY Vol.3 こわい絵本

1,080円(うち税 80円)
柴田元幸が絵本の世界に踏み出す。人気作家の小川洋子やブライアン・エヴンソンなど、柴田元幸が敬愛する作家とアーティストのコラボレーションが実現。また、歌人・穂村弘と柴田がセレクトするとっておきの「こわい絵本」をめぐる対談も掲載。
在庫   ○

MONKEY Vol.2 猿の一ダース

1,296円(うち税 96円)
柴田元幸がいま最も読みたい、訳したいと思う作家11名の作品を一挙掲載!
ブライアン・エヴンソン/神慶太/ケリー・リンク/マシュー・シャープ/川上未映子/ラッセル・エドソン/村上春樹/スティーヴン・ミルハウザー/J・ロバート・レノン/ J・ロバート・レノン/小野正嗣/アグネス・オーエンズ
在庫   ×

MONKEY Vol.1 青春のポール・オースター

1,028円(うち税 76円)
創刊号では、柴田元幸が20年以上にわたり翻訳を続ける小説家ポール・オースターを特集。彼が小説家になる前、1960年代に書いた未発表作品を掲載し、小説家の生成を目撃します。新しい文学に出会い、都市を旅し、物語を書く。「MONKEY」は文学を通して、今私たちがいる世界の魅力を伝えます。
在庫   ×

COYOTE No.26 (柴田元幸 文学を軽やかに遊ぶ)

1,512円(うち税 112円)
柴田元幸を通して、文学の軽やかな遊び方を学ぶ
在庫   ×

COYOTE No.21 (柴田元幸が歩く、ポール・オースターの街)

1,512円(うち税 112円)
柴田元幸が歩く、ポール・オースターの街

ページトップへ